「普通の文章」と「売るための文章」、一体何がどう違うのか?

メールや企画書、ビジネス文書など、仕事で文章を書く時、あなたはどんなことに注意して書いていますか?

 

きっと、あなたは、

 

・もっと客観的に書きなさい

・もっと論理的に書きなさい

・もっと簡潔に伝えなさい

 

など、上司や先輩などから指導されてきたのではないでしょうか?

でも、あなたがもし、人に商品・サービスを買ってもらうための文章を書く方法を習得したいのなら、あなたが教わってきたこの常識を今すぐに捨て去って下さい。

 

なぜなら、人が考える時、いつも論理性と客観性、そして簡潔性を伴っているとは限らないからです。また、それらの要素があるからといって相手とのコミュニケーションがうまくいくとも限りません。

 

むしろ、人間同士のコミュニケーションにおいては論理性、客観性、簡潔性といった理屈よりも、物語や相互作用、展開など感情的要素の方が影響力が高くなります。

 

相手の感情を理解し、その相手とコミュニケーションを取ろうとすること。

 

それこそが、商品・サービスを売るための文章を書く最大の秘訣であり、出発点です。

 

つまり、大学のレポートのような文章は、それがどんなに客観的で論理的で、そして簡潔であっても、それがつまらなければ、誰も興味を示しません。

 

例えば、次の2つの大学の選択制の履修科目のタイトルを読んだ時、あなたはどちらの授業を受けたいと思いますか?

 

1.マクロ経済分析から見える現代の姿

2.マクロ経済分析を使ってお金を稼ぐ方法

 

きっとあなたは「2」を選択するのではないでしょうか?

 

では、「1」の文章にはなくて「2」の文章にあるものは、何でしょうか?

 

それは、人の興味・関心を引き、信用と信頼を勝ち取り、具体的な行動を促すことです。

 

つまり、誰かに反応してもらうこと。何かを購入してもらうことが目的の文章は、世の中で語られる文章術とは全く異なるものなのです。

 

そこには、ただ情報を伝達するのとは異なるプロセスがあるのです。

 

「文章を変えるだけで稼ぎが変わる」

 

これは本当です。

 

でも、そのためには、あなたはただ単に情報を伝えるのではなく、例えば、ソファーでくつろいでいる人の感情に訴えかけ、電話を掛けさせたり、書類に記入させたりするような文章を書く必要があるのです。

 

世間一般で言われているような普通の文章術ではなく、プロが使っているセールスライティング(売るための文章法)の知識を学び、学ぶだけでなく、それを実際に使っていかなくてはなりません。

 

でも、安心して下さい。

 

医者や弁護士になるための知識のように、膨大な量の知識を学ぶ必要はありません。

 

まずは、このウェブ・セールスライティング習得ハンドブックで基礎を学び、そこに書かれていることをあなたのビジネスで使ってみて下さい。
twsh-180

3カ月、意識して実践していれば結果は必ず出ます。

 

ぜひ、あなたも試してみて下さい。

もし、この記事の内容が気に入ったらシェアしてね!

副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

いつかお金持ちになりたいあなたへ


崖っぷちのサラリーマンが発見した副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法を公開します。しかも、それをすることで、会社内で出世し、給料と社内外におけるあなたの影響力を増やすことができます。