締め切り(デッドライン)が人を動かす

あなたは夏休みの宿題は、どれくらいでやり終えていましたか?

 

多くの人は、夏休みが終わるギリギリまで、宿題を終えていないという経験をしたことがあるのではないでしょうか?

 

このように、人は「早くやった方がいい」と頭では考えていても、実際には行動することができない生き物なのです。

 

頭で思っていることと、実際に行動することとの間には、埋めようのない溝が存在します。

 

その溝を埋めるために、強力な効果を発揮するのが締め切り(デッドライン)です。

 

人は、どんなに理想の未来が待っていることが分かっていても、締め切り(デッドライン)がない限り、行動しません。生きている限り、死が訪れることが必然なように、どんなことにも締め切り(デッドライン)があります。

 

だからこそ、あなたがセールスレターを書くときでも、時限爆弾のような臨場感のある締め切り(デッドライン)は何かを考える必要があります。

 

締め切り(デッドライン)には「自社都合」、「お客さん都合」、そして「市場都合」の3つの都合があります。

「自社都合」の締め切り(デッドライン)とは?

「自社都合:の締め切り(デッドライン)には、例えば、「年末セール」「決算セール」「閉店セール」「在庫一掃セール」「初回限定キャンペーン」などがありますが、これらの締め切りは「今すぐに行動しなければ損をしてしまう」という切迫感、臨場感がありません。

「お客さん都合」の締め切り(デッドライン)とは?

そこで、次に「お客さん都合」の締め切り(デッドライン)を設定できないかと考えていく必要があります。

 

例えば、「夏までに必ず痩せるための3週間ダイエットプログラム」、「急な海外出張でも安心。1週間でそこそこ英語がしゃべれるようになるビジネスパーソンのための英会話トレーニング」、「過払い金の返済期限が近づいています」というように、お客さんの置かれた状況を想像して、それに間に合わせられるような提案を考えていきます。

 

基本的には、行動するメリットよりも行動しないことで発生する可能性のあるデメリットを気づかせるようなコピーの方が効果的です。

市場都合の締め切り(デッドライン)とは?

「市場都合の締め切り(デッドライン)」とは、例えば、「消費税増税前に車を買おう」、「補助金申請期限」、「新しい法律の施行」など、お客さんが知らないこと、もしくは、知っていても真剣に向き合ってこなかったことを教えてあげるだけで、反応率がグッと上がります。

 

自社都合で締め切り(デッドライン)を考えてばかりいると、まるで煽っているかのような悪い印象を与えてしまいます。

 

そうではなく、お客さん都合、市場都合で考えることによって、お客さんが期限までに行動しないデメリットを考え、それを避けるための最適な提案をすることで、反応率は飛躍的にアップするはずです。

もし、この記事の内容が気に入ったらシェアしてね!

副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

いつかお金持ちになりたいあなたへ


崖っぷちのサラリーマンが発見した副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法を公開します。しかも、それをすることで、会社内で出世し、給料と社内外におけるあなたの影響力を増やすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。