記憶喪失になっても思い出したいマーケティングの“3M”とは?

ダン・ケネディのマーケティング・トライアングル

こんにちは。HIROです。

 

あなたは「以外!?」と思うかもしれませんが、誰かに何かを売るためには、どんなにセールスレターが優れていても成果は出すことができません。

 

セールスレターはとても重要です。

 

しかし、「セールスレター単体」だけで考えてはダメなのです。誰かに何かを売るためには、以下の「3つの構成要素」が必要です。

 

それは、

 

  •  マーケット(Market)
  • メッセージ(Message)
  • メディア(Media)

 

です。

 

この3つを総称して、マーケティングの”3M“と呼ばれています。

 

この「3つの構成要素」はどんな商品・サービスでも、誰に対しても、どんな時でも、どんな価格帯でも、どんな状況下でも当てはめることができます。

 

「自分のビジネスは特殊だから、これは当てはまらないよ」

 

ということはないのです。

 

なぜなら、この世の中のすべてのビジネスを成長・発展させるためには、この「3つの構成要素」が必ず必要になるからです。

 

この「3つの構成要素」には優劣はありません。何が一番重要で、次に何が重要というような順番はつけられないのです。この「3つの構成要素」のすべてが重要で、同時に存在する必要があります。

 

3本脚の椅子を思い浮かべてみてください。どの脚が欠けても、立っていられないですよね。倒れないためには椅子の脚、3本すべてが必要であり重要なのです。

1

この「3つの構成要素」はその1つ1つが、ほかの2つに力を与えています。

 

たとえば、この「3つの要素」を台無しにしてしまうパターンは、このようにたくさんあります。

・間違ったマーケット―正しいメッセージ―正しいメディア

例)お腹一杯の人―高級フレンチ―高級ホテル

・正しいマーケット―正しいメッセージ―間違ったメディア

例)大衆居酒屋―安くて手頃なお酒と料理―高級ファッション街

・間違ったマーケット―正しいメッセージ―間違ったメディア

例)スリムで健康的な人―結果にコミットしたダイエット術―タウンページ

・正しいマーケット―間違ったメッセージ―正しいメディア

例)好きな異性-「私に尽くして欲しい」-SNS(ライン等)

・間違ったマーケット―間違ったメッセージ―正しいメディア

例)保険に入りたい人―住宅ローンのお勧め―インターネット

・正しいマーケット―間違ったメッセージ―間違ったメディア

例)好きな異性-「私に尽くして欲しい」-メモ用紙

・間違ったマーケット―間違ったメッセージ―間違ったメディア(三重苦)

例)お腹がすいた人―痩せる方法―ダイレクトメール(DM)

 

このマーケティングの“3M”を正しくやる方法は、この1つだけしかありません。

 

・正しいマーケット―正しいメッセージ―正しいメディア

例)保険を検討している人-保険選びで失敗しない方法-保険の窓口

 

つまり、マーケット、メッセージ、メディア、常にこの3つの構成要素を一致させることこそが、実際に売上と利益を上げるためには必要不可欠なことなのです。

 

追伸

今ならマーケティングの権威中の権威であるダン・ケネディの書籍を無料で手に入れることができます。

↓↓↓
ダン・ケネディが教える小さな会社のためのマーケティング入門

ダン・ケネディのマーケティング・トライアングル

もし、この記事の内容が気に入ったらシェアしてね!

副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

いつかお金持ちになりたいあなたへ


崖っぷちのサラリーマンが発見した副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法を公開します。しかも、それをすることで、会社内で出世し、給料と社内外におけるあなたの影響力を増やすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。