インターネットで集客する3つの方法とは?

ダイレクトレスポンスマーケティング

こんにちは。コピーライターのHIROです。

今回は、

「インターネットで集客する3つの方法」

についてお話します。

 

インターネット以外のビジネスでもそうですが、
お客さんをあなたの目の前に連れてくること、
つまり「集客」こそが、多くの人が悩みを抱える課題です。

 

僕は今、集客のほとんどは
インターネットを主軸としています。

インターネットで集客する方法、つまりホームページやブログ
にアクセスを流す方法は、突き詰めれば「この3つ」しかありません。

1. 無料でアクセスを集める方法(SEO対策や、その他無料で使える媒体を駆使する)*無料広告

2. 広告を出してアクセスを買う方法*有料広告

3. アクセスを借りる方法(アフィリエイターやジョイントベンチャー)*有料広告もしくは無料広告

具体的には、このような方法です。

1. 無料でアクセスを集める方法は?

・全ての無料レポートスタンドへ登録する
・ブログを複数作ってみる
・MixiやFacebookなどのSNSをやってみる
・まぐまぐでメルマガを発行してみる

2. アクセスを買う方法は?
・PPC広告を出す(とりあえずアドワーズとオーバーチュア)
・メルマガ広告を出す
・関連サイトに広告を出す

3. アクセスを借りる方法は?
・協力してくれそうなアフィリエイターに連絡してみる
・協力してくれそうなライバルに連絡してみる

もし、あなたが収益を安定化させたいのなら、
無料のものは避けてください。

不安定な収益

不安定な収益ではなく・・・

安定的な収益

安定的な収益へ!

なぜなら、世の中には無料広告というものは存在しないからです。

SEOを考えてみれば、すぐに分かると思います。

僕の知っているSEOで新規客を獲得していたある人は、
お客さんは検索結果から無料で来るので、わざわざお金
を払って広告を出す必要がないと考えていました。

しかし、グーグルがSEOのルールを変えた途端、一瞬で
新規顧客を獲得することができなくなりました。

これが無料広告の現実です。

アメブロのブログ削除など、無料のものは、
無料なので何をされても一切、文句を言うこともできません。

一方で、有料広告はそうはいきません。なぜなら、
有料ということは、その媒体はキチンとした事業と
して成り立っているので、事業者の都合で簡単に
ルール変更をすることができないからです。

何よりも媒体を運営している会社からすれば、有料広告を
出してくれている会社は顧客であるので当然、顧客の迷惑
になるような事は基本的にはしません。

従って、事業を安定化されるためには、
その基盤は無料のものではいけません。

有料のもので、あなたがしっかりとコントロールできる
ものを使っていくべきです。
安定した収益は、安定した有料広告を活用して、
つくっていくべきものなのです。

 

P.S

ちなみに僕は、有料広告として「メルぞう」
のこのサービスを使っています。

↓↓↓

メルぞう ゴールド会員

これに申し込むと、国内では有数の実績を持つ無料レポートスタンドの
「メルぞう」及び「電子書籍のXam」の発行者アカウントの発行者登録
をする権利が得られます。

また、毎月1回、6万部のメールマガジンに自分の「無料レポート」を紹介して
もらえる(月によっては14万部のメールマガジンでも紹介してもらえます)ので、
たくさんのアクセスを集めることが可能です。

「メルぞう」及び「電子書籍のXam」の発行者アカウントだけが欲しい人は、

メルぞう ゴールド会員

を申し込んだ後、無料お試し期間30日以内に必ず退会してください。
退会しても、取得した発行者登録は継続になります。

月々¥3,980の投資が必要ですが「メルぞう」を利用することによって、

1. 無料でアクセスを集める方法
2. アクセスを買う方法(有料広告)

が同時にできてしまうため、僕は今でも使っていますし、
人にも勧めています。

「メルぞう」を最大限に活用するために「僕オリジナルの特典」をつけていますので、もし「メルぞう」を使っていきたい人はこちらから申し込んでみてください。
↓↓↓
メルぞう ゴールド会員

【HIROの特典】

現役コピーライターが教える『初心者でも組み合わせて使える「効果実証済のキャッチコピー32の型」』(PDF、20ページ)

をプレゼントします。

現役コピーライターが教える 初心者でも組み合わせて使える 「効果実証済のキャッチコピー32の型」

<目次>

はじめに

第1章 すべての顧客が抱える5つの欲求
(1) 生存の欲求
(2) 愛・所属の欲求
(3) 楽しみの欲求
(4) 自由の欲求
(5) 力の欲求

第2章 キャッチコピーを書くときの「5つの原則」
(1) 相手にとって「得になる情報」を必ず盛り込む
(2) 「新情報」があれば、それを伝える
(3) 「好奇心」に「得になる」、「新情報」を
(4) 明るい面、プラス面から見て書く
(5) 「手っ取り早く、簡単に」ほしいものが手に入る

第3章 効果的な訴求ポイント

第4章 新情報を伝えるキャッチコピー
(1) 型1:「ご紹介」ではじめる
(2) 型2:「発表」ではじめる
(3) 型3:「新」で始める
(4) 型4:「いま、さあ、ついに」で始める
(5) 型5:「とうとう、いよいよ」で始める
(6) 型6:「日付」や「時間」を入れる
(7) 型7:ニュースネタ風にする
(8) 型8:「新情報」のニュアンスのある言葉を使う

第5章 価格を全面に打ち出したキャッチコピー
(1) 型9:価格をメインにする
(2) 型10:割引価格をメインにする
(3) 型11:特価をメインにする
(4) 型12:支払の簡単さをメインにする
(5) 型13:無料提供をメインにする

第6章 興味を引く情報を提供するキャッチコピー
(1) 型14:「役に立つ情報」を提供する
(2) 型15:エピソードを伝える

第7章 昔から効果実証済のキャッチコピー
(1) 型16:「○○する方法」とする
(2) 型17:「どうやって、このように、どうして」とする
(3) 型18:「理由、なぜ」を入れる
(4) 型19:「どれ、どの」を入れる
(5) 型20:「他に(誰か)」を入れる
(6) 型21:「求む」を入れる
(7) 型22:「これ、この」で始める
(8) 型23:「~だから」を入れる
(9) 型24:「(もし)~なら、(もし)~しても」を入れる
(10)型25:「アドバイス性」のある言葉を入れる

第8章 その他のキャッチコピー
(1) 型26:証言スタイルのキャッチコピー
(2) 型27:読み手を試す質問をする
(3) 型28:いまはまだ、買わないように伝える
(4) 型29:相手に直接語りかける
(5) 型30:特定の個人やグループに呼びかける
(6) 型31:質問形式にする
(7) 型32:ベネフィットを事実と数字で伝える

まとめ 顧客心理を学ぶための「オススメ書籍」はこちら

このレポートは僕がキャッチコピーを書く際に、実際に使っているものになります。

これを使えば、キャッチコピーでほとんど外すことがなくなるのでぜひ、活用してみてください。

それ以外にも、あなたにすぐに成果を出してもらえるように、

・現役コピーライターが教える 『簡単に「無料レポート」をつくる方法』(PDFレポート、21ページ)

・絶対に外さない! 『確実に売れる商品をつくる方法』(PDFレポート、20ページ)

・1億稼ぐ「コピーライティングの教科書」 【基礎・基本編】(PDFレポート、29ページ)

・ウェブ・セールスライターを副業から始めて、 給料以外に毎月30万円以上を稼ぐ方法(PDFレポート、34ページ)

を差し上げます。

僕は今では、お陰様で何もしなくてもアクセスが集まってくるようになり、
アクセスを集める方法も「メルぞう」だけではありませんが、
最初のうちは「メルぞう」を活用するのが良いと思います。

なぜなら、他の無料レポートスタンドに比べて「メルぞう」は無料レポートの審査が
しっかりとしているので、良質なレポートが集まっています。ですので、一生懸命に
書いた無料レポートが審査で却下されることもありますが、しっかりとしたもの
を書けば審査も通過しますし、何よりもとても良質なアクセスが集まってきます。

初めての人はまずは、「メルぞう」を中心に無料レポートをたくさん書いて、
腕を磨いていくことが良いと思います。

後で自分の有料教材やアフィリエイト教材を売るにしても、
最初は無料レポートがきっかけになりますので、あなたにしか
かけない魅力的な無料レポートをつくる体験を積むことはとても重要です。

*無料レポートの書き方については、こちらを参考にしてください。
↓↓↓
http://worklifestyle.jp/free-reports-present/

 

もし、この記事の内容が気に入ったらシェアしてね!

副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

いつかお金持ちになりたいあなたへ


崖っぷちのサラリーマンが発見した副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法を公開します。しかも、それをすることで、会社内で出世し、給料と社内外におけるあなたの影響力を増やすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。