”コピーライター”とはどんな職業なのか?

copywriter

こんにちは。コピーライターのヒロです。

今回は、

「”コピーライター”とはどんな職業なのか?」

についてお話します。

 

広告の世界では、広告やコマーシャルにおいて販促メッセージを伝えるために使う言葉を”広告コピー”といいます。

そして、これらの言葉を書く人のことを”コピーライター”といいます。

同じように、”ウェブ・コピー”という言葉がありますが”ウェブ・コピー”とは、ウェブサイト上で販促メッセージを伝えるために使用される言葉のことをいいます。

そして、これを書く人のことを”ウェブ・コピーライター”といいます。

コピーライティングはよく錬金術にたとえられます。

例えば、「見出し」に使う言葉の選択一つで、売上げが2倍になったり、逆に1/2になったりするのです。

売っている商品は何も変わっていないにも関わらず、本当に言葉の選択一つで、得られる収益が変わるのです。

しかも、インターネットはわずかな費用で日本全国の人たちにメッセージを発信することができるメディアなので、個人であっても、最小のコストで稼ぐことが可能になります。

残念ながら、日本ではまだまだ、”コピーライター”、”ウェブ・コピーライター”は職業として、あまり認知されていません。

しかし、実は、”コピーライター”、”ウェブ・コピーライター”という職業は、最も稼げる職業であるにも関わらず、まだまだ、それができる人材が不足している職業なのです。

なぜなら、多くの企業や個人事業主の最大の悩みとは、継続的に売り上げ、利益を確保し続けることだからです。

彼らにとっては、売り上げを上げ、利益を確保するためのスキルを身に着け、彼らのビジネスに繁栄と安定をもたらしてくれる”コピーライター”、”ウェブ・コピーライター”は救世主のような存在です。従って、”コピーライター”、”ウェブ・コピーライター”は高い収入を得られるだけでなく、多くの人々に尊敬される誇り高い職業でもあるのです。

<オススメ>

↓↓↓

コピーライティング・スキルをリスクなく、
副業から始めて、身に着ける

もし、この記事の内容が気に入ったらシェアしてね!

副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

いつかお金持ちになりたいあなたへ


崖っぷちのサラリーマンが発見した副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法を公開します。しかも、それをすることで、会社内で出世し、給料と社内外におけるあなたの影響力を増やすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。