必要以上に見込みを追いかけない:ダン・ケネディ

dan_kennedy.jpg

こんにちは。コピーライターのヒロです。

今回は、

「必要以上に見込み客を追いかけない」

についてお話します。

日本では昔から「お客様は神様です」という言葉があります。

でも、残念ですが、これは迷信です。

お客様は神様ではありません。人間です(当たり前の事実ですが一応、言っておきますね)

当然、人間なので相性というものがあります。相性の良し悪しで、お客さんなんて選べないと思うかもしれませんが、その考え方自体がまずいのです。

ビジネスの原則は価値(商品・サービス)と価値(お金)との等価交換です。

ですので、お客さんが神様なんて、あり得ません。あなたは付き合うお客さんを徹底的に選ぶべきです。

あなたの時間を奪うお客さん、他のお客さんに迷惑をかけるお客さん、あなたを徹底的に利用しようとするお客さんは排除しましょう。

このようなお客さんとばかり付き合っていたら、あなたは知らず知らずのうちにエネルギーを奪われ、あなたのビジネスがダメージを受けてしまいます。

それから、お客さんがあなたの時間を無意識でも安く見積もってしまうのには、あなたの方にも原因があるかもしれません。

僕も以前は、どんな客でも、要望があれば会うことにしていたのですが、ある時から「60%以上の購入意思を持っているお客さんとしか会わない」と決めました。

その代わりに、

・なぜ、自分の商品・サービスが客の役に立つのか?

・他の商品・サービスと何が違うのか?

・どんな実績があるのか?

・購入するためには、具体的に何をしなければならないのか?

・FAQ(よくある質問)

といったことは、マーケティングによって自動化させてしまいました。

そのことによって何が起きたのか?

僕の商品・サービスの価値は自然と高まり、僕と会うときにはすでに、お客さんは購買が前提の真剣な状態になっていました。

もちろん、今まではたくさん来ていた冷やかしだけのお客さんは一切、来なくなりましたが、その対応に要していた時間は、成果につながる「より重要な仕事」に割り当てることができるようになりました。

付き合うお客さんを自ら選ぶことは、最初は勇気がいることだと思いますが、効果は絶大ですのでぜひ、あなたも試してみてください。

「あなたの本当の価値」を知るとともに、成果を出すために「本当に必要な仕事」は「何か」を強く認識できるようになるはずです。

<オススメ>

あなたは厳しくとも、あなたを正しい道に導いてくれる師匠を持っていますか?

もし、持っていないのなら、この情報が役立ちます。

「NoB.S.(屁理屈抜き)マーケティングレター」

もし、この記事の内容が気に入ったらシェアしてね!

副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

いつかお金持ちになりたいあなたへ


崖っぷちのサラリーマンが発見した副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法を公開します。しかも、それをすることで、会社内で出世し、給料と社内外におけるあなたの影響力を増やすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。