顧客を買うために商品を売ろう!

dan_kennedy.jpg

こんにちは。コピーライターのヒロです。

今回は、

「顧客を買うために商品を売ろう!」

についてお話します。

普通の人は、商品を売るために顧客を獲得します。

しかし、この思考と行動では、残念ながらビジネスを大きくすることはできません。

ダン・ケネディは、この逆のことを言っています。

「顧客を獲得するために商品を売る」

これは、どういう意味でしょうか?

例えば、あなたは原価0円の1万円の商品を持っていたとして、それを3000万円分、売り上げたとします。

しかし、あなたは、その3000万円を売り上げるために、3500万円の広告費を使いました。

500万円の赤字です。

しかし、あなたの手元には、3000人の顧客リストが残されています。

そして、この3000人は、あなたが提案する別の商品を買ってくれる可能性があります。

つまり、ダン・ケネディが言っていることはこのことです。

もし、あなたが広告費をケチって、100万円しか売らなかったとしたら、あなたの手元には、100人の顧客リストしか残りません。

あなたが次に、別の商品を売りたいと思った時、あなたが頼りにできる顧客リストは、たったの100人だけです。

一方で、最初は500万円の赤字でしたが、あなたの元に3000人の顧客リストが残されていれば、あなたは3000人に対して、次の商品を提案することができます。

ビジネスにおいて、最大の資産とは、顧客リストです。

いかに、質の高い顧客をたくさん持てるかが、ビジネスを存続させる上での核となります。

「顧客を獲得するために商品を売る」

ぜひ、忘れずに覚えておいてください。

<オススメ>

あなたは厳しくとも、あなたを正しい道に導いてくれる師匠を持っていますか?

もし、持っていないのなら、この情報が役立ちます。

「NoB.S.(屁理屈抜き)マーケティングレター」

もし、この記事の内容が気に入ったらシェアしてね!

副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

いつかお金持ちになりたいあなたへ


崖っぷちのサラリーマンが発見した副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法を公開します。しかも、それをすることで、会社内で出世し、給料と社内外におけるあなたの影響力を増やすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。