2ヶ月分の1日計画を立てる

possible.jpg

こんにちは。ヒロです。

今回は、

「1日の計画を立てることの重要性」

についてお話します。

あなたは計画を立てていますか?

僕が言うまでもなく、計画を立てることの重要性は多くの人が言っていますよね。

でも、果たしてあなたは、どれくらい上手に計画を立てられているでしょうか?

恥ずかしい話ですが、僕は計画の重要性を認識しながらも、何度も挫折してきました。

1年の一番はじめに「今年はこれをやるぞ!」と思ってワクワクしながら計画を立てても、1〜2ヶ月後には絵に描いた餅のようになってしまい、次第にモチベーションを失っていくというパターンで毎回、挫折していました。

自分は計画を立てることが苦手なのかもしれない・・・。

何度も気持ちが折れそうになり、あきらめかけていましたがある時、偉い人や本に書いてある方法は一切やめて、自分が一番気持ち良く実行できる方法をやろうと決心してから、自分自身でも驚くほどの行動力を手に入れることができるようになりました。

その方法とは1年先、1ヶ月、2ヶ月先について計画することをやめて、1日の計画を立て、その計画を死に物狂いで実行することに集中することでした。

具体的に僕がやったことはとてもシンプルで、 A4のノートを買ってきて、見開き1頁(A4×2頁)を1日として、各頁に1ヶ月分の日付をすべて書いてしまい、各頁にその日1日にやることを思いつく限り、すべて書いていくことです。

つまり、1ヶ月の計画を立てるのではなく、1ヶ月分の1日計画をつくるのです。

当然、予定していた計画通りにできなかったり、予定が変更することはありますが、それはそれでいいと割り切ることにしました。

なぜなら、成功には以下の3つのプロセスをたどることが不可欠だと認識していたからです。

1.うまくいったことを増やす

2.うまくいかなかったら、やり方を変える

3.うまくいかないことは、やめる

この世の中で、最初からうまくいくやり方というものは、ほとんどありません。

成功は綺麗に整えられたキッチンではなく、散らかったキッチンから生まれてくるのです。

つまり、試行錯誤、改善の積み重ねこそがビジネスの本質なのです。

未来に心を奪われず、過去に心を囚われず、この瞬間に集中して 、今やるべきことをやることが、この方法の最大のメリットです。

私たち人間は未来に思いを馳せ、過去を振り返ることができますが今、この瞬間にしか生きることができない生き物なのです。

ちなみに、 達成したいことは何度も繰り返し思い描くことが重要です。

いつも以下の4つの質問を自分にしてみてください。

1.自分は何を得たいのか?

2.そのために、何をしているのか?

3.その結果、何を得ているのか?

4.他には?

この4つの質問は、自らを何者かに創り上げるためのレシピです。

この質問のポイントは、自分の物差しで行うことです。

自己評価なので言い訳できませんし、言い訳自体に意味がありません。

ぜひ、あなたもやってみてください。

 

 

 

 

 

もし、この記事の内容が気に入ったらシェアしてね!

副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

いつかお金持ちになりたいあなたへ


崖っぷちのサラリーマンが発見した副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法を公開します。しかも、それをすることで、会社内で出世し、給料と社内外におけるあなたの影響力を増やすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。