【警告!】こんな人と企業は、コンテンツマーケティングNGです。

厳しいことを言うようですが、これからの話はSEO対策を行う上では最も重要なことになりますので、一番初めにお伝えしておきたいと思います。

売り込みや自慢話は決して、検索もされなければ、共有もされず、リンクもされません。

あなたは、他人からの売り込みや自慢話は好きですか?

誤解を恐れず、単刀直入に言いますが、個人や企業による一方的な売り込みや自慢をサイト上に知識や情報として、いくら詰め込もうと、それは膨大なインターネットの世界の片隅にうち捨てられた独り言のようなものに過ぎません。

そんな知識や情報は検索されず、共有されず、リンクもされません。

一方で、このインターネットの世界では、人の役に立ったり、楽しませたりするコンテンツは自然と検索され、共有され、リンクされていきます。

あなたがGoogleやYahoo!などの検索エンジンを使う時、その検索結果にどんなことを期待しますか?

間違っても、個人や企業からの売り込みや実績紹介などの自慢話ではないはずです。

あなたが検索エンジンに期待することは、あなたの問題、悩み、痛み、願望、期待、知識欲、楽しみを満たす知識や情報、つまり、コンテンツであるはずです。

このことについては、あなたは簡単に同意してくれると思います。

しかし、あなたが検索エンジンユーザーという立場を離れ、商品・サービスを売る立場に変わった時、なぜか、このような検索者の期待がきれいさっぱり忘れられてしまいます。代わりに、あなたの関心事は「いかに優雅に、売り込みや自慢話を伝えるか」に変わってしまいます。

なぜ今、コンテンツマーケティングに注目が集まるのか?

今、コンテンツマーケティングという言葉に、注目が集まっています。

でも、そもそも、コンテンツマーケティングとは、どういう意味なのでしょうか?

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、簡単に言ってしまえば、見込み客やクライアントとの継続的な関係を構築するための「コンテンツを中心とした仕組み作りのこと」です。

具体的には、コンテンツマーケティングとは、見込み客やクライアントが求める知識や情報をWordPressなどのCMS(コンテンツマネジメントシステム)を使って継続的に制作し、自ら発信し続けることによって、彼ら彼女らの興味や関心、信頼を獲得し、最終的な商品・サービスの販売、又は継続的な販売につなげていく仕組みを構築するための手段です。

人は他人からの売り込みや自慢話は嫌いですが、自分自身のニーズや興味、そして欲求を満たしてくれるような話は大好きです。

コンテンツマーケティングとは、つまり、従来から多くの人や企業が行っている売り込みや自慢話ではなく、マーケティング活動そのものが価値の提供になるような、価値あるコンテンツを制作し、発信し続けるという「お金を払ってもらってからではなく、先に価値提供すること」に焦点を置いたマーケティング活動なのです。

コンテンツマーケティングは、誰にでもできる方法ではない

確かに、売り込みや自慢話ではなく、検索エンジンユーザーの悩みや痛み、願望の解決に焦点を置くコンテンツマーケティングはこの先、ますます求めらる流れになってくるでしょうし、もはや、その流れが逆行することはないでしょう。

しかし、コンテンツマーケティングは、誰にもできるものではないですし、誰にもオススメできる方法ではないことに、注意が必要です。

なぜなら、価値あるコンテンツを制作する作業には膨大な手間と時間がかかるため、短期的には、投資に見合った利益が得られることは少ないからです。

コンテンツマーケティングのデメリット

コンテンツマーケティングの最大のデメリットは、手間や時間の割に、短期的な結果につながらないというところにあります。

したがって、売り上げや利益の減少をすぐに食い止めたい社長、それから、厳しい短期的成果を課されている企業のマーケティング担当者にとっては、コンテンツマーケティングは適した方法ではありません。

なぜなら、こうした状況や考え方で、コンテンツマーケティングを行ったとしても、成果を急ぐ気持ちが「価値あるコンテンツ制作」の邪魔をしてしまうからです。

結果を焦る気持ちは、どんなに隠しても隠しきることはできません。そのような企業が発信する知識や情報は、どうしても、売り込みや自慢話を感じさせるものになってしまいます。結果的に、企業のエゴを鋭く察知した見込み客やクライアントが離れてしまい、コンテンツマーケティングの試みは、もろくも失敗に終わってしまうでしょう。

はっきり言いますが、こうした状況の人や企業は、コンテンツには一切、手を出すべきではありません。

なぜなら、受注のための短期的な費用対効果で考えるのなら、そもそも、コンテンツ作りというのは、それほどいいものではないからです。なにしろ、コンテンツ作りには膨大なコストがかかります。

ここでいうコストとは、自分自身で行う場合は、自分の労力と時間。人に任せる場合は、制作費や人件費です。そして、コンテンツマーケティングのリターンは正直、見えにくく、即効性も薄いことが実情です。

短期的に稼ぎたいだけなら、お役立ちコンテンツも面白コンテンツもいらない

世の中のサイトを見回してみてください。

見るのは個人のサイトやブログではなく、このような商売用のサイトです。
↓↓↓
ランディングページ集めました

基本的に、これらのサイトは見た目は綺麗ですが、コンテンツはありません。あるのは、企業の売り込みと自慢だけだ。それが普通ですし、悪いことでもありません。

それでも商品やサービスが十分に魅力的で、消費者にそれが正しく伝わっていれば、ちゃんと商売が成り立ちます。

短期的に稼ぎたいのなら、コンテンツではなく、広告に注力する方が早いし、即効性がある

短期的に稼ぎたい、または、短期的な稼ぎに注力せざるを得ないというのなら、コンテンツマーケティングに取り組むべきではありません。

その代わりに、Google AdwordsやYahoo!プロモーション広告などのリスティング広告、もしくは、FacebookやTwitterなどのSNS(ソーシャルネットワーキング)広告に取り組むべきです。

なぜなら、企業の売り込みや自慢は、金を払って見てもらうものだからです。それは、今も昔も、これからだって変わりません。

たとえ、コンテンツマーケティングに取り組んでいる人や会社だって、広告を積極的に使うべきです。

この資本主義社会では、継続的に稼ぐことができなければ、どんなに綺麗事を言っても何の意味もありません。綺麗事だけでは飯も食っていけないし、本当の価値を生み出すこともできません。

会社を回していけるだけの最低限の売上げは広告で作る。

自然検索だのソーシャルだのというものは不安定すぎて、とてもではないですが、売り上げをそれらに手段に依存するわけにはいきません。

趣味のホームページをやっているのなら別ですが、責任ある事業を行っている以上、売上げを立てるのに広告は不可欠です。

コンテンツマーケティングを行うことのメリットとは?

では、成果が見えにくく不安定なコンテンツマーケティングを行うことのメリットは一体、どこにあるのでしょうか?

コンテンツマーケティングを行うことの最大のメリットは「見えない資産」を築くことができる点にあります。

「見えない資産」とは?

見えない資産とは、知識・人間関係・信頼・評判の4つです。

まず、検索エンジンユーザーとあなたが最初に出会うのは「知識を求め、与える」という行為を通してになります。

次に、あなたの提供する知識に満足した検索エンジンユーザーは、あなたの提供する他の記事に興味を持ったり、何度もあなたのサイトを訪問してくれるようになります。その行為を通して、検索エンジンユーザーとあなたとの間に、「人間関係」が生まれます。

そして、人間関係の量と質は、やがて、「信頼」へと変わっていきます。例えば、実生活において、あなたが馴染みの飲食店に通うのは「あそこにいけば、美味しい料理が食べられる。店主も気さくでいい人だ」という信頼があるからですよね?これは、インターネットの世界でも同じなのです。

やがて、信頼は「評判」へと変わります。実生活において、あなたが信頼しているお店や企業を、他の人にも紹介するように、インターネット上でも、信頼は口コミという評判を生み出します。

今、あなたがコンテンツマーケティングを行うべき理由は、中長期的な収益をもたらす強い事業を作るためです。

中長期的な収益確保には、お金を払って、企業の売り込みや自慢話を伝える方法である広告だけでは、限界があります。

中長期的な収益を確保するには、企業自体が本当の想いや情熱を持って、見込み客やクライアントのことを想い、正しく把握し、彼ら彼女らの期待を120%満足させることのできる良質なコンテンツをいかに多く生み出せるかにかかっているのです。

まとめ

お金で本当の愛情を買うことができないように「見えない資産」も、お金では買うことができません。

なぜなら、繰り返しになりますが、金で買った売り込みや自慢は、インターネットの世界では検索もされなければ、シェアもされないからです。

検索され、シェアもされる知識や情報は、ただ1つです。見込み客やクライアントの期待に応え得るコンテンツだけです。

つまり、コンテンツマーケティングの世界は、

  • どれだけ、見込み客やクライアントのことを分かっているか?
  • どれだけ、自社の強みや弱みを分かっているのか?
  • どれだけ、見込み客やクライアントの期待と自社の強みを結びつけるアイディアと実行力があるのか?

というような嘘ではなく、本当の企業姿勢と実力が試される世界なのです。

したがって、コンテンツマーケティングはすべての人や企業に適した方法ではありませんが、真剣に行い続ければ、大企業・中小企業・零細企業・個人、その規模に関係なく、富を引き寄せるための王道の方法なのです。

そして、そうした方法で得た富は、お金や権力ではひっくり返すことができない性質のものなので、結果として、コンテンツマーケティングを実践した人や企業は、長期的な収益を確保することができるようになるのです。

もし、この記事の内容が気に入ったらシェアしてね!

副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

いつかお金持ちになりたいあなたへ


崖っぷちのサラリーマンが発見した副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法を公開します。しかも、それをすることで、会社内で出世し、給料と社内外におけるあなたの影響力を増やすことができます。