セールスライターは「良い商品・サービス」を扱わなくてはならない理由とは?

セールスライターとしてセールスレター、コピーを書くのならば必ず、良い商品・サービスを扱うようにしてください。

「セールスコピーを学べば、どんな商品・サービスでも売れる」

たまに、このようなことが言われますが、これは間違いです。

考えてみれば当然のことですが、セールスレターやコピーは商品・サービスそのものの価値を越えることはありません。もし、仮に、商品・サービスの価値を越えるコピーが書けたとしても、それは誇大広告になってしまいます。

セールスライティング、コピーライティングの本質は、商品・サービスに対する確信を伝達するための知識・技術です。

確信とは、商品・サービスを提供することによって、お客さんの仕事や人生が必ず豊かになるという信念のことです。

もし、あなたがこのように思うことができない商品・サービスは最初から扱うべきではありません。

もし、セールスレターを書くのであれば、リサーチの途中で思わず、その商品・サービスに惚れ込んでしまうぐらいのものを取り扱うようにしましょう。

もし、この記事の内容が気に入ったらシェアしてね!

副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

いつかお金持ちになりたいあなたへ


崖っぷちのサラリーマンが発見した副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法を公開します。しかも、それをすることで、会社内で出世し、給料と社内外におけるあなたの影響力を増やすことができます。