広告の目的は人に行動させること(現代広告の心理技術101 著者:ドルー・エリック・ホイットマン)

From:HIRO

今回は、現代広告の心理技術101(著者:ドルー・エリック・ホイットマン)の中から、この言葉を紹介いたします。

広告の目的は人に行動させること

「詳細を問い合わせてほしい」とか、「ペイパルでさっさと元気をよこしてほしい」とか、「クレジットカードをさっと取り出してほしい」など、あなたが消費者に何を求めようが、向こうが行動してこそ広告の元は取れる。

広告はジャーナリズムではない。ニュースを伝えるものではない。起きたことを伝えるのは、ジャーナリストの仕事だ。人々に好反応を示してもらう必要はない。大衆に情報が正確に伝わっているか、大衆が多少それを楽しんでいるか、がまず重要なのだ。

一方、広告を書くなら、ただ読んでもらうだけでは十分とは言えない。

「へえ、素晴らしい広告だなあ!」

と言って、キッチンのゴミ箱のグレープフルーツの皮の上に捨てられてはいけない。断じて。あなたは人々に今すぐ行動して、注文してもらう必要がある。あるいは、注文させる必要がある。あるいは、注文させるように仕向ける情報を求めてもらう必要がある。お互い冗談は抜きにしよう。私たちが広告を出す理由はただ1つ。お金儲けのためだけだ。

情報源:現代広告の心理技術101(著者:ドルー・エリック・ホイットマン)

この言葉を目にして、あなたはどう感じるでしょうか?

「当たり前だよ」

もしかしたら、あなたはそう思ったかもしれません。

でも、「知っていること」と「実際にやっていること」には、天と地ほどの開きがあるものです。

私たちは頭では分かっていても、その真逆のことをやってしまっていることは少なくありません。

広告は印刷された営業担当者です。

どんなにキャッチコピーのために頭をひねっても、どんなに綺麗なデザインを考えたとしても、それらの作業はすべて、商品・サービスを売って、お金をもうけるため。

つまり、その広告を読んだ人に、今すぐに財布を開いて、現金やクレジットカードを出してもらうことにあることをセールスライターは絶対に忘れてはなりません。

「私たちが広告を出す理由はただ1つ。お金儲けのためだ」

現場の第一線で活躍するプロのセールスライターであっても、広告についての知識やスキルが身につけばつくほど、このシンプルな「広告の目的」を忘れてしまいがちです。

ですので、このことは常に忘れずに、心の奥底に秘めて、目の前の一つ一つの仕事を丁寧かつ確実にこなしていきましょう。

追伸

僕のセールスライティングとコンサルティングのネタ元はこれです。

本気でプロのセールスライター、ウェブマーケッターを目指すのなら、入っておいた方がいいでしょう。

↓↓↓

日本の起業家に最も影響力を持つビジネス書クラブのベスト本が、 電子書籍で38冊無料、読み放題!

その方法は、、、

http://directlink.jp/tracking/af/852089/tfyVwSB0/

もし、この記事の内容が気に入ったらシェアしてね!

副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

いつかお金持ちになりたいあなたへ


崖っぷちのサラリーマンが発見した副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法を公開します。しかも、それをすることで、会社内で出世し、給料と社内外におけるあなたの影響力を増やすことができます。