セールスライターとして、継続的に仕事を獲得するための秘訣とは?

セールスライターの仕事は、売るために必要なあらゆる文章を書くことにあります。

だからといって、人に会わなくていいわけではありません。

むしろ、セールスライターこそ、たくさんの人に会うべきです。なぜなら、セールスライターの仕事は文章を書くことにより、商品・サービスを売ることにあるので、それを買う人間の気持ちが分からなければ何も始まらないからです。

また、セールスライターとして駆け出しの頃は、何はともあれ、自らのセールスライティング・サービスにお金を払ってくれる人を見つけ、自らを売り込む必要があります。それがなければ何も始まりません。

例えば、集客に関するセミナーに出席すれば、集客に悩む社長や個人事業主、そして企業のマーケティング担当者と簡単に出会うことができます。

そこで名刺交換をして、自分のサービスを売り込めば、インターネットを駆使して見込み客を見つけるよりも早く、契約を取れる確率が高くなるでしょう。

セールスライターは「売ること」に関するプロフェッショナルです。しかも、対面営業のプロとは違って、文章を書くことによって、売ることができてしまうという強みがあります。

そんな、他にはない能力を持つセールスライターですから当然、対面営業をやっても商品・サービスを売ることができます。

「セールスライターはセールスのプロである」

常にこのことを忘れず、セールスのプロとして、たくさんの人の悩み、課題、問題、痛み、苦悩、希望、情熱といったものに触れて、自らを成長させ続けていきましょう。

もし、この記事の内容が気に入ったらシェアしてね!

副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

いつかお金持ちになりたいあなたへ


崖っぷちのサラリーマンが発見した副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法を公開します。しかも、それをすることで、会社内で出世し、給料と社内外におけるあなたの影響力を増やすことができます。