「信じない」「行動しない」という壁を越える方法

コピーライティング

こんにちは。コピーライターのHIROです。

今回は、

「信じない」「行動しない」という壁を越える方法

についてお話します。

 

前回、コピーライティングには、

1、読まない

2、信じない

3、行動しない

という「3つの壁」があるということをお話しました。

↓↓↓

 コピーライティングにおける「3つの壁」とは?

 

では、具体的に2番目の「信じない」という壁と
3番目の「行動しない」という壁をどのように
越えていけばいいのでしょうか?

今回はそのことを解説していきます。

 

 「信じない」という壁を越える方法

虚と実、石と玉が混合するのが現在のインターネットの世界です。

また、インターネットの世界ではなく、
リアルなビジネスの世界でも多くの嘘が溢れています。

そんな様々なセールスレターが溢れる中で、
読み手はあなたのセールスレターに出会うのです。

当然、読み手は、

 

「胡散臭いな・・・」

「本当に信じられるの?」

 

という疑いを心のどこかで持っています。

 

セールスレターを「読まない」という壁を越えた後、
あなたが真っ先にやらなければならないことは、このような
読み手の「疑問」や「疑い」のひとつひとつを完全に打ち消し、
「信じない」という壁を乗り越えていくことです。

 

読み手の疑問を打ち消すためによく使われるのが、

「お客様の声」や「権威者の推薦文」

です。

 

ただし、読み手はこれらの情報は普段から見慣れて
いるのでこれらを用いたとしても、セールスレターの反応は
それほど上がらない可能性があります。

 

また、販売したばかりの商品であればモニター販売でもしない
限り「お客様の声」や「権威者の推薦文」は手元にない状態
だと思います。

 

そんな時、一番効果的な方法が、社会性のある
公の機関が出しているデータを活用する方法です。

例えば、


出典:社団法人〇〇研究所「○○報告書」200×年

 

というように出典を明記して数字、グラフ、表などを
引用すると信頼性が一気に高まります。

また、一般の書籍の引用を使うことも効果的です。

これはあまり知られていないことですが、一般の書籍は
出典元さえ明らかにすれば、自由に引用してもいいことに
なっています。

つまり、あなたは自分の商品の価値を裏付けるような、
有名な書籍や有名な著者の言葉を引用して、

こんな有名な人、こんな権威ある人が、こんなことを言っています。
だから、私はこの商品をつくりました。

と自分の主張を自由に裏付けることができます。

この方法はわざわざ権威者からの推薦文やお客様の声を
もらう必要がないので、誰でも簡単にできてしまう方法です。

本さえ読めばすぐにでもできることですのでぜひ、やってみてください。

それから、引用のルールとして、

本のタイトル、本の著者、出版社、出版年

は必ず出典としてすべて明記するようにしてください。

引用は明確なルールの守って行いましょう。

以上、

・お客様の声

・権威者の推薦文

・社会性のある公の機関のデータ(出典明記する)

・一般の書籍からの引用(出典明記する)

が「信じない」という壁を越えるための具体的な方法になります。

 

「行動しない」という壁を越える方法

 

読み手はあなたのセールスレターを読み、
そこに書かれている内容を信用してくれました。

でも、それだけでは不十分です。

読み手があなたの望むように行動してくれなければ、
あなたのセールスレターは失敗です。

読み手を行動させるためには、何が必要なのでしょうか?

2つあります。

1、行動を促す

例えば、

「お申込は今すぐに、こちらをクリックしてください」

となど「行動を促すような言葉」を明確に書いてください。

「書かなくても分かるだろう」とは、決して思わないで下さい。

セールスレターは文章がすべてなので、
明確に書かなければ当然伝わりません。

読み手が次に何をすべきかをきちんと言葉にして、
しっかりと読み手の行動を促すようにしてください。

 

2、申し込まないと、夜も眠れないほどに興奮させる

読み手が、

「これを知らないと寝られない」

「今すぐに申し込まずにはいられない」

という心理状態になってしまうまで、
相手にとってのメリットを示して、興奮させることが必要です。

相手にとってのメリットは出せるだけ出し尽くしましょう。

以上、

2、信じない

3、行動しない

という壁を越える方法についてお話しました。

 

何度も繰り返しになりますが、

1、読まない

2、信じない

3、行動しない

という「3つの壁」を乗り越えるようなコピーを
書くことこそが、コピーライターに課せられた
最大の使命です。

 

「この3つの壁を越えるんだ」ということを
常に忘れずに心に留めて、セールスレターを
書くようにしてください。

 

追伸

歴史的に繰り返し使われてきて、うまくいっているコピーのサンプル集です。
これをマネて、ホームページやサイトのコピーを書くだけで成約率をアップさせることができます。
↓↓↓

コピーライティング・ツールボックス(著者:テッド・ニコラス)

*ただし、「コピーライティングの基礎知識」を理解した上で
使わないと逆に振り回されることになるので、注意して使ってくださいね。

もし、この記事の内容が気に入ったらシェアしてね!

副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

いつかお金持ちになりたいあなたへ


崖っぷちのサラリーマンが発見した副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法を公開します。しかも、それをすることで、会社内で出世し、給料と社内外におけるあなたの影響力を増やすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。