「確実に売れる商品」をつくる方法

「確実に売れる商品」をつくる方法

products

まずは、あなたの能力(情熱・時間・知識・技術・労力・お金・魅力・経験)を総動員して「確実に売れる商品」をつくり上げましょう。

顧客がお金を払って買う商品とは、あなた自身のマインドやセルフイメージを含むすべてのことです。それから、あなたがつくるべき商品は「①あなたの能力が活かせる×②確実に売れる」ということが最低条件です。あなたの能力が活かせてもそれが確実に売れなければ、それはただの個人的な趣味の世界になってしまうので長続きしません。また、確実に売れる商品であってもあなたの能力が活かせないのであれば、そのうち売っていくことが苦痛になってしまうのでこれも長続きしません。

ビジネスは継続的な活動です。あなたの能力が活かせて、確実に売れる商品の領域を見極めて、そこで勝負していきましょう。

それから、必要以上に商品に執着してはいけません。マーケッターは売れない商品はスグ捨てます。なぜなら、マーケッターにとって中心は顧客にあるからです。それを忘れないようにしましょう。

「売れる商品の6つの要素」とは?

顧客リスト

「売れる商品の6つの要素」とは?

例えば、あなたはデパートにいて上の階に行きたい時、「上りのエスカレーター」と「下りのエスカレーター」、どちらに乗りますか?何をバカなことを聞いているんだと思いますよね?当然、「上りのエスカレーター」ですよね。間違えることなんてありませんよね。でも、ビジネスにおいてはなぜか、上に行きたいにも関わらず「下りのエスカレーター」に乗り込んでしまう人は、決して少なくありません。

ビジネスにおいて「上りのエスカレーター」に乗るということは「売れる商品を扱う」ということです。一方、「下りのエスカレーター」に乗るということは「売れない商品を扱う」ということです。

まず、あなたがやるべきことは「売れる商品」をしっかりと事前リサーチして、創り出すことにあります(アフィリエイトの場合は売れている商品を選び出し、そこに「特典」など自分だけの付加価値をつけていきましょう)どんなにダメな商品でもコピーライティングの力によって売ることは可能ですが、それは長くは続きません。ビジネスの基本は「継続」にあります。「売れる商品」を確実に生み出すこと。これがまず、あなたが一番最初にやるべきことなのです。

詳しくはこちらをクリックしてください。


「ネットで売れる商品の4つの要素」とは?

net

「ネットで売れる商品の4つの要素」とは?

インターネット革命の本質とは、ただ単純に便利になったということではありません。インターネット革命の本質とは、もの凄い勢いで「権力の移行」が起こっているということです。「権力の移行」という意味は、インターネットの普及によって、昔は有名人・有識者・有力者、つまり3つの「有」しか持ち得なかった情報発信の権利が、今では無名の個人であってもブログやYou tube、facebookを使って世の中に情報を発信することができるようになったということです。

インターネットは「個人」の影響力を最大化します。

これを活用しない手はありません。

また、ネットとリアル、現在のビジネスシーンで、この2つを区別して考えること自体ナンセンスです。あなたの見込み客はリアルで生活をしながら検索エンジンで調べものをしたり、ツイッターでつぶやいたり、そしてfacebookをしたりと、ネットの世界でも活動をしています。あなたはネットとリアル、両方の世界で活動している顧客を深く理解することで「確実に売れる商品」を創り出せるようになるのです。

詳しくはこちらをクリックしてください。


「商品の4つの提供方法」とは?

050

「商品の4つの提供方法」とは?

世の中には、多種多様な商品がありますよね。でも、世の中で売られているあらゆる商品は、これから紹介するたった「4つの提供方法」しかありません。世の中で売られているすべての商品は「この4つの提供方法」か「この4つの提供方法の組み合せ」で成り立っているのです。

詳しくはこちらをクリックしてください。


商品の「価値」とは?

money

商品の「価値」とは?

「価値」とは 何でしょうか?「価値」とは、私たちが仕事や生活していく上での「必要性(ニーズ)」や「欲望(ウォンツ)」を満たし、私たち人間を助け、「満足」を与えるものです。商品はその「価値」を届けるための手段に過ぎません。私たちの仕事とは、単に商品を販売するのではなく「商品=手段」を通して、顧客に「価値」を提供することです。その原点をぜひ、忘れないでください。

詳しくはこちらをクリックしてください。


「確実に売れる商品」をつくる方法

158

「確実に売れる商品」をつくる方法

商品の「価値」を決めるのは、誰でしょうか?あなたではありませんよね。商品の「価値」を決めるのは顧客です。売れる商品は会議室で生まれるものではなく、顧客との対話から生まれます。従って、確実に売れる商品をつくるためには、あれこれと悩むよりも、まずはさっさと顧客に聞いてしまえばいいのです。

詳しくはこちらをクリックしてください。


第1章:マインドセット

目標達成の技術

マインドセットとは、あなたのビジネスに取り組む姿勢・考え方・行動などを総称したもの。つまり人間的な総合力のことです。ビジネスの登場人物は、究極的に考えれば「あなた」と「顧客」です。経営もとてもシンプルに考えれば「あなた」の「顧客」の関係性を構築することです。つまり、あなたは商品を販売しているだけでなく究極的には「あなた自身」を売っているのです。他人のものではなく、あなたの内側にある世界観、そしてあなたの外側にある世界の理解の仕方を豊かなものにしていくことが必要です。


【マインドセット1】ビジネスで最も重要な「マインドセット」とは?

mindset

ビジネスで最も重要な「マインドセット」とは?

「ビジネスで最も重要なもの」は何でしょうか?顧客、資金、コピーライティング力、マーケティング力、営業力、マネジメント力でしょうか?どれも違います。それは、あなたの「マインドセット」です。マインドセットとは、あなたのビジネスに取り組む姿勢・考え方のことです。

詳しくはこちらをクリックしてください。


 【マインドセット2】「経営」とは何か?

Selecting the right direction

「経営」とは何か?

経営とは「あなたと顧客との関わりをつくっていく活動」のことです。顧客との関わりを上手につくれた人、会社は成功し、うまくつくれなかった人、会社は失敗します。とてもシンプルです。

詳しくはこちらをクリックしてください。


【マインドセット3】「仕事」と「経営」は違うもの

107

「仕事」と「経営」は違うもの

「仕事」は「経営全体」の一部分でしかありません。どんなに一生懸命に仕事を効率化しても、それは部分最適化にしかならず、経営全体がうまくいくとは限りません。

 詳しくこちらをクリックしてください。


【マインドセット4】「本物のノウハウ」とは?

t10

「本物のノウハウ」とは?

「本物のノウハウ」とは、教材から得られるものではありません。自分が信じた教材を手掛かりにして、ある一定期間、必死に実践した結果から生まれるのです。「本物のノウハウ」を教材に求めても見つかることはありません。なぜなら「本物のノウハウ」、「本当に使えるノウハウ」はあなた自身の経験から生まれるからです。本当に良い教材とは、あなた自身の実践を促す教材です。

詳しくはこちらをクリックしてください。


 

【マインドセット5】一生使える「最高の学び」とは?

possible

一生使える「最高の学び」とは?

僕が考える「成果」を出すための公式は単純です。成果=能力×方法論。つまり、「成果」というのは「能力」と「方法論」の掛け算で決まる。というのが僕の考えです。たったこれだけです。シンプルでしょ?僕が定義する「能力」というは、情熱、知識、経験、技術、感性、人間的成長など自分自身の持つすべてが統合されたもののことです。僕が定義する「方法論」というのは、技術や時代と共に、流行っては廃れていくもののことです。

詳しくはこちらをクリックしてください。


【マインドセット6】自分の「強み」を見つける方法

092

自分の「強み」を見つける方法

「人と違った視点」というのはビジネスにおいては圧倒的な「強み」になります。「強み」とは、あなただけの知識と経験の総体です。他人には、決して真似ができないものです。

詳しくはこちらをクリックしてください。

 第2章:セルフイメージ

1163909_80979652

セルフイメージとは、自分自身に対する意見です。もっと簡単に言うと、自分で自分のことをどう思っているかということです。人はセルフイメージ通りの人間になっていきます。例えば、心の底で「自分は能力がないので稼ぐことなんてできない・・・」というセルフイメージを持っている人が表面でどんなに一生懸命に努力をしても、その人は自分のセルフイメージ通りの人間になっていきます。つまり、セルフイメージをどのように描くかで得られる結果は、始めから決まっているのです。

 


 

【セルフイメージ1】人生を変えるセルフイメージとは?

目標達成の技術

あなたが何かの商品やサービスを購入する時、どんな人から買いたいですか?もちろん、・信用できる人・信頼できる人・好きな人から買いたいですよね。実は、あなたが本当に売っているものは商品・サービスではありません。あなたが売っているものは商品・サービスの販売者であるあなた自身なんです。

詳しくはこちらをクリックしてください。


 【セルフイメージ2】「ビジネスで成功する」とは?

2011-08-28_125544-284x300

 

は成功とは、自分自身の心に求めるものだと思っています。成功とは「自分自身が心から満足できるもの」です。成功は自ら明確に定義しない限り、やってくることはありません。忙しい毎日に流されて、人生の時間はあっという間に流れ去っていきます。

詳しくはこちらをクリックしてください。


 【セルフイメージ3】テクニックだけを学んでもダメな理由

Master-isolated-images17-300x300

テクニックだけを学んでもダメな理由

ビジネスで失敗してしまう人というのは、考え方やテクニック、商品やビジネスモデルなど、自分以外の場所に答えを求めてしまう人です。そんなことをしても永遠に答えなど、見つかるはずがありません。ビジネスの本質は、相手の問題解決にあります。だから、まずは自分自身を相手の問題解決者と見なす必要があります。それをしないで、どんなに素晴らしい考え方やテクニックを身に着けようと努力しても残念ながら、それは本当に使えるものにはなりません。

詳しくはこちらをクリックしてください。


【セルフイメージ4】稼ぐための秘訣とは?

ビジネスの心得

稼ぐための秘訣とは?

本業であれ、副業であれ、あなたが誰かに何かを販売して、お金をいただいているのであれば、その仕事に必ずミッション(使命)を持つようにしてください。ミッション(使命)というのは、あなたやあなたの会社の「存在価値」のことです。ビジネスというのは究極的には人の役に立つことをして、その対価としてお金をいただく営みです。ですので、あなたのやっていることが誰の役にも立たないものであるのなら、そもそもビジネス自体が成り立ちません。

詳しくはこちらをクリックしてください。


第3章:商品コンセプト

048

 

商品コンセプトとは「本来、その商品が持つ良さ」のことです。商品が売れない原因はその商品の「良さ」、つまり価値を伝えることができていないからです。コピーライティングの役割は「その商品が本来もつ価値」を伝えることです。顧客が欲しいと思っていないもの、つまり顧客から見て価値のないものはどんな凄腕のプロでも売ることができません。その商品を買うのは顧客であり、お金を払うのは顧客であることを忘れないようにしましょう。もし、売れ行きが悪い商品があるのであれば「顧客は本当にこれを欲しているのだろうか?」と再度、自問してみましょう。