市場独占マーケティング(著者:ダニエル・プリーストリー)の感想

bov

儲かる方程式=需要>供給

儲かるための公式は至ってシンプルです。

需要(欲しいと思う人々)に対して、提供できる商品・サービスの数を少なくしてやれば、自然にあなたの目の前は人だかり、行列ができるでしょう。

例えば、「東京駅開業記念100周年記念Suica」は当初、用意をした数よりも欲しいと思う人が圧倒的に多かったため、ニュースになるほどの大行列、騒ぎになりましたよね(この出来事、覚えてますか?)

こんなふうに、あなたの商品・サービスでも、あなたの方から「買ってください」と頼むのではなく、お客さんの方から「売ってください」と頼まれるようになれば、どんなにビジネスが楽しくなるか、あなたは想像したことがあるでしょうか?

儲かる方程式=需要>供給は偶然ではなく、意図的に創り出せる

もし、需要>供給は宝くじを当てるような運試しではなく、意図的に創り出せるとしたら、あなたはどうしますか?

僕も当初、多くの人がそう思うように、需要>供給は偶然に生み出されるものだと思っていました。市場独占マーケティング(著者:ダニエル・プリーストリー)に出会うまでは・・・。

大胆にも、市場独占マーケティング(著者:ダニエル・プリーストリー)では、需要>供給の状態は意図的に創り出せると主張しているのです。

「本当にそんなことができたら、世の中のマーケティングやセールスを支援する会社がなくなっちゃうよ!」

半ば、半信半疑で市場独占マーケティング(著者:ダニエル・プリーストリー)を読んでみたところ、正直、その内容にビックリしました。

例えば、行列のできるレストランや予約でいっぱいのコンサルタントたちがやっていることは、イノベーション、人間関係、利便性、価格の4つのうち、価格以外の要素をメインにして、見込み客や顧客に仕掛けているのです。彼らは買い手のほうが売り手より多くなるように、価格以外の要素で、見込み客や顧客に意図的に仕掛けているのです(しかも安売りしていないので、利益も高いのです)。

ここでは、ほとんどの経営者が知らない強力な秘密を紹介します。これは日本の書店で売っているどんな書籍でも書いていないことなので是非、注意して読んでください。

いいですか?発表します!

市場を独占する上で必要なイノベーション、人間関係、利便性、価格の4つは、対立した内容を含んだ2つのグループに分けられるのです。つまり、イノベーション(革新)と利便性は両立できません。イノベーションを起こすのには時間がかかるからです。また、激安価格で提供しながら、顧客との関係性で優位に立つのも難しいのです。顧客との関係構築には手間がかかります。

 

従って、競合がすごい革新的な商品をもっていたとしても恐れることはありません。あなたは利便性で対抗すればいいのです。激安なライバルには、顧客との関係性で勝負すればいいのです。要は、力を注ぐべき箇所の選び方次第で、あなたも自分の業界で独占してお客を引き寄せることができるのです。

 

この一つの知識だけでも、凄いと思いませんか?

 

まず、日本の書店で売っている書籍には書いてないであろう、目から鱗の方法が「これでもか!」というように、具体的かつ詳細に紹介されているではないですか・・・。

ライバルがこの情報を見つけて実践しないうちに、早めにこのアイディアを入手して、誰よりも早く実践することをお勧めします。

市場独占マーケティング(著者:ダニエル・プリーストリー)の紹介

市場独占マーケティング(著者:ダニエル・プリーストリー)

市場独占マーケティング(著者:ダニエル・プリーストリー)

*これはAmazonや書店では手に入れることができない商品です。

市場独占マーケティング(著者:ダニエル・プリーストリー)

著者:ダニエル・プリーストリー

価格:2980円(税抜)

90日間返金保証付き

button

著者であるダニエル・プリーストリー(Daniel Priestley)のプロフィール

ダニエル・プリーストリー(Daniel Priestley)

ダニエル・プリーストリー(Daniel Priestley)

ダニエル・プリーストリーは、ベストセラー作家にして、受賞歴を持つ起業家。

2002年、オーストラリアで、22歳にして自身最初の会社を創設。ビジネスパートナーの協力も得て、25歳を迎える前に、その会社を数百万ドル規模のビジネスへ成長させた。

 

2006年にはオーストラリアを離れ、ロンドンで新たな事業に挑戦。スーツケース1つ、クレジットカード1枚でイギリスに降り立つと、新たなベンチャーを立ち上げ、2年とたたずに1000万ドル規模のビジネスへ成長させた。その過程で業界の第一人者となり、さらに、世界トップクラスの起業家、リーダーから個人的に指導を仰ぐ機会を得た。

 

起業家としてのキャリアで、ダニエルは、ビジネスの立ち上げ、構築、買収、資金提供、売却などを経験している。そして現在は、ビジネスと起業の分野で、世界トップレベルのプロ講演家との評価を得ている。

 

ダニエルは、商品を売り手市場にする手腕で知られている。巨大な劇場のチケットを売り切り、国際的な規模のキャンペーンを展開し、商品を改良して、売り上げを劇的に伸ばしてきた。また、グロースキャピタルも手がけており、設立間もない企業に数百万ドルを投資している。

 

現在のダニエルは、長年の友人にしてビジネスパートナーとともに、世界中で起業とリーダーシップに関する講座を開講している。チャリティー活動にも積極的で、また複数のリーダーシップ・チームと仕事をしている。

 

ダニエルはこの本のほかに、『Entrepreneur Revolution(仮邦題:起業家革命)』『Key Person of Influence(仮邦題:影響力のあるキーパーソン)』と、2つの作品を発表している。