なぜ、サラリーマンとして、一生懸命に働いても給料が増えないのか?

9ac3e1478643bed0a0007e74427cfa46_s

【注意!】会社の真実を知りたくない人は、この先は読まないでください。

803647cd35396f52014ee7dd299c1a77_s

最初から残酷なことを言うようですが、あなたがどんなに優秀で一生懸命に努力していたとしても、会社というシステムの中で働いているだけではこの先、あなたの給料は大きく増える見込みが薄いことに、あなたは気づいていますか?

これから、お話することはあなたにとって、決して耳障りのいいものではありません。むしろ、残酷な真実を突きつけるものです。ですので、あなたは「今のままでも十分楽しいし、満足している」という状況であれば、この先は読まないでください。

この先の記事を読んでもらいたい人は、自分の現状を変えるために、まずは自分の置かれている環境を希望的観測や憶測で見るのではなく、「ありのままの事実」としてを直視できる人に限ります。

一生懸命に働いても、給料が増えない理由は何か?

一生懸命に働いても、給料が増えない理由は何か?

その理由は偉い学者の先生方に聞くまでもなく、仕事が減ってきているからです。仕事が減っている最大の原因は不景気なのではなく、日本市場が構造的に成熟しきってしまっているからなんです。

日本経済が右肩上がりの時とは違い、今は少子高齢化の影響で日本の国内市場はどんどん縮小してきてしまっています。その上、グローバル化とIT化の流れの影響で、日本国内の仕事は人件費の安い外国にどんどん流れていっています。そして、人間が行っていた仕事は機械やコンピューターに次々と置き換えられていっているのです。

このような影響から、あなたがどんなに働き者だとしても、あなたよりも10分の1のコストで働いてくれる人がいれば、仕事がそちらに行ってしまうのは当然の流れです。それから、あなたがどんなに長時間働いたとしても機械やコンピューターでもできる仕事であれば、あなたの仕事がそれらに置き換わることも自然の流れです。

この流れは、あなたがちょっとやそっとがんばったからといって覆されるものではありません。なぜなら、この流れは「一時的な景気の良し悪しの問題」ではなく「構造的な問題」だからです。

つまり、今は、サラリーマンとして稼ぎ続けることが最も難しい時代なのです。

「会社」というシステムの限界

c93252b32e79f7a90d88594a34cdf866_s

また、万が一、厳しい環境の中でもがんばって業績を上げ続け、社内政治にも気を配り、なんとか出世できたとしても、その地位は決して安泰というわけではありません。

あなたには、次々と現れるたくさんの若いライバル達との終わりのない競争が待っています。出世の先には、果てしない消耗戦が待っているのです。

それから、会社員としてのあなたの給料は単純にあなたの業績だけでは決まりません。

経営者が給料を決める時はまず、会社全体の業績を考えます。その次に事業体ごとの業績を考え、今後に見込める売上・利益から原価、販売費及び一般管理費、その他経費をすべて差し引きます。そして、最終的に他の社員とのバランスを考えながらあなたの給料を決定していくのです。

あなたは、まどろっこしいように思うかもしれませんがこのシステムが悪いわけではありません。なぜなら、会社はこのようにして、中長期的に会社を倒産させないように絶妙なバランスを保っているからです。

会社が倒産してしまえば、あなたの給料もたちまちゼロになってしまいますから、このシステムが悪いと文句を言っても何も始まりません。

なぜ、必死に働けば働くほど、あなたはさらに忙しくなるのか?

なぜ、必死に働けば働くほど、あなたはさらに忙しくなるのか?

あなたは不思議に思ったことはないでしょうか?

なぜ、必死になって働けば働くほど、給料が増えるわけでもないのに、忙しくなるのか?

それには明確な理由があります。そして、この理由は、企業のオーナーであれば、隠しておきたいことであり、あなたに決して知られたくない秘密なのです。

そんなにたくさん働いているわけでもないのに、自由なお金も時間もある人たちとあなたとは、何が違うのでしょうか?

成功した彼らは人の何倍も努力して、働いたのでしょうか?

彼らに元々、たくさんの経営資源があったのでしょうか?

彼らは他の人よりも運が良かったのでしょうか?

いいえ、決してそうではありません。

彼らはビジネスから自由になったのです。ビジネスから自由になった彼らは、あなたが知らない「ビジネスの秘密」を知っていたのです。

これからあなたに話す秘密は、あなたの人生を大きく変えるほどのインパクトがあると確信しています。

これは「ビジネスの成長理論」と呼ばれ、ビジネスから自由になる起業家の多くは、この理論を意識的に、もしくは無意識的に活用しているのです。

その秘密を一言で言うと、ビジネスも人間と同じように成長するということです。あなたもご存知のように、人間の成長には幼児期、少年期、青年期、そして成人期という段階があります。それと同様に、ビジネスにも4つの成長ステージが存在するのです。

あなたが儲からないけど常に忙しいけど理由は、ビジネスの4つの成長段階における「4つの役割」を全く理解していないからです。

「事業の4つの成長ステージ」を理解することで、ビジネスから自由になれる

「事業の4つの成長ステージ」を理解することで、ビジネスから自由になれる

ビジネス成長における4つのステージと「4つの役割」とは、

ステージ1:従業員としての役割、

ステージ2:マネージャーとしての役割、

ステージ3:真の経営者としての役割、

ステージ4:オーナーとしての役割

です。

各ステージには特有の壁が存在します。そして、それを乗り越えなければ、あなたはいつまで経ってもビジネスから自由になることはできません。

【ステージ1:従業員としての役割】

ステージ1:従業員としての役割

この段階は春夏秋冬でいえば、冬の時期にあたります。ビジネスを始めて間もない頃、あなたの役割は従業員です。あなたが独立起業して、1人社長になったとしても、社内で新規事業担当者になったとしても同じです。従業員の役割を持つあなたは、すべての日常業務を自分自身でこなさなければなりません。広告は自分で作成し、顧客から注文が入ると自分で受ける。あなたがコンサルタントなら、自分自身で業務をこなさなければなりません。

従業員としての役割をこなしている時期は、毎日忙しい割に収入もそれほど高くなく、自由な時間や家族と過ごす時間も少ないということが特徴です。しかし、残念なことに、多くの事業家は、一生このステージから脱却することができません。万が一、あなたが事故や病気で倒れたら事業はストップして、会社はすぐに倒産し、家族は路頭に迷ってしまいます。

【ステージ2:マネージャーとしての役割】

ステージ2:マネージャーとしての役割

この段階は春夏秋冬でいえば、春の時期にあたります。顧客も増えて、ある程度の実績も積み上がっています。このステージでは、あなたは従業員からマネージャーに役割を変更する必要があります。マーケティングの仕組み、それから仕事を処理するための体制を整え、効率的なシステムを動かし始めなければなりません。管理者として、予定通りに仕事を終わらせるための手順を策定し、注文の受付や商品の発送、請求書の処理が滞りなく行われる仕組みを作ることが必要です。

この仕組みを作り上げなければ、いくら人を増やしても混乱に陥るだけです。あなたにとって、この時期が一番きつい時期かもしれません。なぜなら、あなたは従業員としての役割とマネージャーとしての役割の両方をこなさなければならないからです。しかし、あなたがビジネスから自由になるためには、このステージは必ず通過する必要があります。このステージは、子供の成長に例えるとまだ少年のような状態で、とても将来の安心を得られるような状況ではありません。

【ステージ3:真の経営者としての役割】

ステージ3:真の経営者としての役割

この段階は春夏秋冬でいえば、夏の時期にあたります。この段階は高度成長段階と呼ばれ、会社の売り上げはさらに大きくなります。組織の人数も増えて、混沌とした状況になってくることが特徴です。ここで、あなたの役割はまた大きく変わり、いよいよ真の経営者としての役割を持つことになります。以前のようにわずかな従業員と直接顔を合わせて、自分の考えを理解してもらうことは不可能になっています。そこで、会社の価値観や将来のビジョンを伝達していく必要が出てきます。

このステージがうまくいくと、あなたがいなくてもビジネスが成長するようになってきて、あなたは時間的自由も経済的自由も手に入れることができるようになります。万が一、あなたが事故や病気になっても、会社は利益を生み続けます。しかし、ここまでたどり着ける経営者はほとんどいません。

【ステージ4:オーナーとしての役割】

ステージ4:オーナーとしての役割

この段階は春夏秋冬でいえば、秋の時期に当たります。収穫の時期です。この時期になるとあなたはオーナーとしての役割を担います。あなたは会社を一つの商品、つまり資産として捉える最終段階に来ています。あなたは最大株主として、自分の所有する事業の価値に対して、自問自答する必要があります。

一生、ビジネスの奴隷でいたいですか?

一生、ビジネスの奴隷でいたいですか?

いかがでしょうか?

事業を安定的に成長させて、ビジネスから本当の意味での安心を手に入れるには、それぞれのステージであなたの役割を大きく変えていく必要があるということが分かってもらえたと思います。そして、それぞれのステージで必要な知識やスキルも大きく異なるということが理解できたと思います。

残念なことですが、日本人のほとんどは、ステージ1にある従業員の役割をずっと続けています。

それこそが、あなたが自由になれない原因だと知らずに・・・。そして、良くてもステージ2のマネージャーの仕事を中途半端にこなしている状況なのです。そんなことをしていては、本当の時間的自由も経済的自由も手に入れられるはずもありません。

しかし、これはあなたが悪いわけではありません。

実際、このようなビジネス構築の理論は、どんなビジネススクールでも聞いたことがないですし、世の中のほとんどのビジネスパーソンが理解していないことなのですから。

当然、学校でもこんな話は教えてくれなかったですし、もしかしたら一部の利権者達は、私たちがずっと奴隷でいることを望んでいるのかもしれません。

悔しいことに、日本人の多くが、このようなビジネス構築に関する知識がないために、働いても働いても安心を手にいれることができません。家族や友人と過ごす大切な時間を増やすことができていません。病気や事故で一瞬にして、大切な家族を地獄に落とすことになってしまうのです。

起業も投資もしなければ、お金も時間も自由にならない。

起業も投資もしなければ、お金も時間も自由にならない。

一生懸命に働くことは尊いことです。働くことは美徳です。でも、はっきり言っておきたいと思います。

ただ一生懸命に働いているだけでは決して、あなたは自由なお金も時間も手に入れることはできません。

なぜなら今、あなたはサラリーマンとして働いているのなら、あなたは自分のビジネスのためではなく、他の誰かのビジネスのために働いているからです。

一般的な会社の社長を考えてみてください。彼はお金持ちです。彼自身ももちろん、一生懸命になって働いています。しかし、普通のサラリーマンと社長とでは、決定的な「違い」があります。

その「違い」とは、自分のために働いてくれる人やシステムを持っているかいないかです。

社長は会社・従業員という彼をお金持ちにするためのシステムを持っています。たくさんの人間が彼をお金持ちにするために働いているのです。つまり、社長でもあり、従業員でもある彼をお金持ちにするための応援団をつくっているのです。サラリーマンには当然、そんなものはありません。

さて、あなたはこの先、そんなシステムの中でずっと働き続けたいと思いますか?

・毎日、満員電車に揺られて通勤・・・。

・平日の残業、土日の出勤も当たり前・・・。

・無能な上司や部下の顔色をうかがいながら仕事をする毎日・・・。

・口がうまく、声がでかく、利益誘導が上手い人が目立って出世していく・・・。

・真面目に仕事をしている人は、小利口な人に使われて損をする・・・。

・毎月の給料だけでは、家族を養っていくのにギリギリだ・・・。

・いつしか夢や志を忘れ、社内政治に明け暮れるようになる・・・。

そんな不安や不満を感じながら、この先も変わらずに同じシステムの中で働き続けたいと思いますか?

僕の人生の主役は僕自身であるように、あなたの人生の主役はあなた自身です。自分自身の人生をいかに送るかを決定し、実行し、うまく送れているかを管理していくことの責任は他の誰でもなく、あなたにあるのです。

あなたが自分自身の人生の主役にならなければ、あなたの人生は他の誰かによって管理され、コントロールされてしまいます。

他の誰が決めた「あなたはこう生きるのがよい」という人生を、歩まされることになってしまいます。もっと具体的にいえば、他の誰かによって人生を管理され、時間の切り売りで報酬をもらい、その他大勢の1人として消費され、消耗し、命をすり減らしていくことになります。

僕はそんなふうに生きるのが嫌でした。

サラリーマンとしての働き方や収入の限界も分かっていましたが、僕自身には明確な人生目標、収入目標がありました。

そこで、僕は「会社に勤めながらもセールスライターになる」というキャリアを選択しました。つまり、他人のビジネスのために働くだけでなく、自分のビジネスのためにも働くことを決めたのです。

その結果、会社の給料以外に毎月30万円以上の収入を確保することができ、今では会社にも貢献しながら自由なスタイルで仕事ができるようになりました。

僕にとって、セールスライターになって何よりも良かったことは、上司や会社の意向に対する恐れがなくなったことです。組織で働いているとどうしても自分自身の身の安全を優先して、全体の意見に流されてしまうことがあります。

そうなると、本当は会社のためになるような思い切った提案を持っていたとしても、それを実行することに躊躇してしまうようになってしまいます。そして、その状態が続いてしまうと、いつしか成果を上げるために仕事をするではなく、なるべく失敗をしないように給料をもらうためだけに会社に来るようになってしまいます。

僕はこのようになっていく人をたくさん見てきました。というか今の時代、全体の意見に流されずに自分自身の仕事を全うできるほど強い人は数少ないと思います。僕はそんなふうに働くことは絶対に嫌でした。

このような会社特有のメカニズムが働いた結果として、上司や会社の顔色をうかがい、給料をもらうためだけに会社に来るような人が増えたら一体、何が起こるでしょうか?

それは、数々のプロジェクトの失敗です。

以前、NHKで放送していた「プロジェクトX」ではないですが、会社は大小数々のプロジェクトで成り立っています。

ひとりひとりの社員が思い切った提案や行動ができなくなってしまえば当然、それらのプロジェクトは失敗に終わってしまいます。

僕はこれまでにセールスライター、産業カウンセラー、そして1人のビジネスパーソンとして、このような現場を数多く見てきました。

そして、その度に、

「ひとりひとりはとても優秀なのに、彼らの意欲や能力を活かす術がないために現場が混乱してしまっている・・・」

と感じてきました。

そこで、僕はセールスライターになって、ささやかながら「数々のプロジェクトを成功させるための支援」を行うことを決意しました。

しかし、僕1人の力だけでは限りがあります。

そこで、もう一つ僕が決めたことはサラリーマンとして会社を支援することだけではなく、組織で働くひとりひとりを支援することです。

この現状は綺麗ごとを言っているだけでは決して変わりません。この現状を変えるためには「強いエネルギー」と「具体的な方法論」が必要なのです。

僕はあなたに、どんな揺さぶりにも崩れない「情熱」と「スキル」、そして、「売る力」を武器として本業、副業を問わず、数々のプロジェクトの成功請負人になって欲しいと願っています。

そうなるためには「セールスライターとしてのキャリアを選択すること」が不可欠であり、最短・最速の道なのです。

あなたは、どのように生きるのかを自分自身で決めることができます。自分で決めた人生を生きているかどうか、自分自身で分析し、評価することができます。そして、軌道修正が必要であれば、自ら軌道修正を行い、自分自身に指示することができます。

あなたの理想は、あなたにしか分かりません。

あなた以外の人が、あなたが理想に正しく向かっているのかいないのかを判断することはできません。もし、あなたが会社や他人に対して、不満や批判で頭が一杯になっているだけで、何ひとつ具体的な行動ができていないようであれば今こそ、自分自身のコントロールのやり方を変える時です。

自分の運命は自分でコントロールできる!

自分の運命は自分でコントロールできる!

誰だって、退屈で達成感のない、何の意味も見いだせないような仕事などしたくはありません。また、誰だって、最初から失敗することが分かっていて、限界が見えているような事業なんて起こしたくないでしょう。そして、誰だって、何の興味も持てない、何も得るものがない仕事や学校に通いたくありません。

しかし、ほとんどの人が不満だらけの窮屈な日々を受け入れ、ほどほどに仕事をして、まずまずの収入を得て、そこそこに暮らしています。そして、それが当たり前で普通なことなのだと信じています。

「会社とはこういうものだ。仕方がない・・・」

「社会とはこういうものだ。仕方がない・・・」

心のスイッチをオフにして、うつむいて、運命が与えた未来に束縛されるように生きています。

人は、その人が信じている範囲の「努力」で努力し、その人の信じている「働き方」で働き、その人の信じている「責任」で責任を果たします。そして、人はすべての努力、働き方、責任が、自分のキャリア(職業人生)の成功や将来の良い結果をもたらすことに漠然と希望を抱いて生きています。

しかし、そんな漠然とした希望が叶うことは約束されていません。それはそうなるかもしれませんし、そうならないかもしれません。多くの人は、そんな運命任せで生きているのです。

でも、人間にはもともと、自らの手で運命をコントロールし、未来を切り開く力が備わっています。自分自身がどう生きたいか、どのように働きたいか、いくらの報酬を得たいか、誰と一緒にいたいか、どこに住みたいかということは、自分自身で選択することができるのです。

それは信仰や神がかかったようなパワーとは何の関係がありません。それは、あなた自身が人生の中で手にする力や機会、要素をどのように認識し、利用し、または利用され、それらをどのように判断し、行動するかにかかっているのです。

今、あなたの目の前には、「セールスライターとしてのキャリア(職業人生)」の可能性が提示されています。

それを活かすか、または無視するかもまた、あなた自身で選択することができるのです。

全てはあなた次第です。

 

追伸

3step_marketing-1024x683

セールスライターを本気で目指したいのなら、まずはこの1冊から始めてください。

↓↓↓

ウェブセールスセールスライティング習得ハンドブック

 

いつ会社をクビになっても平気

もし、この記事の内容が気に入ったらシェアしてね!

副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

いつかお金持ちになりたいあなたへ


崖っぷちのサラリーマンが発見した副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法を公開します。しかも、それをすることで、会社内で出世し、給料と社内外におけるあなたの影響力を増やすことができます。