セールスライターの仕事ってこんなんだよ。

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

こんにちは。HIROです。

 

中小企業にとってのセールスライターの「価値」って何でしょうか?

 

普段、実務をやっていて、僕が強く実感することが3つあります。

 

1つは売上を上げることです。

 

最初は半信半疑だった社長さんでも、売上が上がりだした途端に「君すごいね〜、ありがとう」なんて言って態度が豹変します。

 

2つ目は人材教育が自動的にできてしまうことです。

 

一度、売れるセールスレターが出来てしまうと不思議なことに、そのセールスレターを基準にして、社内の営業担当者たちが、そのセールスレターの流れを真似て、勝手にセールスをし始めるようになります。

 

そうすると自然と、セールスに必要な流れや呼吸を自分で考えながら身につけるようになるんです。つまり、たった1枚のセールスレターで社内の人材教育が進んでいくのです。

 

3つ目は資金繰りに困らなくなります。

 

僕のいつものやり方はまず、売れるセールスレターを書いて、相手の信頼を掴んでから、ダイレクトレスポンスマーケティングの仕組みを導入するようにしています。

 

具体的には、メルマガを使ってお客さんと継続的な関係づくりをすることを教えていきます。

 

これを3ヶ月も続けると、多くの会社が「売上が欲しい時にメールを書けば、ある一定の売上を上げられるようになります。

つまり、資金が欲しい時には、いつでもお客さんにメールを書けば、資金が得られるという安心感にできるのです。

 

僕が中小企業を支援する時に意識してやることは、この3つぐらいです。

 

セールスライターとして、お客さんの売上を上げていくことは、なんだか難しそうに思うかもしれませんが、やっていることは、このシンプルな3つのことを徹底的に深堀しているだけなんです。

 

これはあなたにもできることです。

 

セールスライターとして仕事をすることに対して、そんなに難しく考えずに、楽しみながら挑戦していってもらえたら、僕も嬉しく思います。

 

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)