どういうわけか分かりませんが、文章を書いた途端、

 

「先般、小生は~」

 

みたいな硬い表現の文章に変わってしまう人がいます。

 

これでは伝わるものも伝わりません。

 

あなたは普段、仲のいい友達と一緒にいる時に、そんな言葉使いをしているのですか?

 

していないのであれば、今すぐにやめてください。

 

ぎこちない上に、違和感があります。

 

あなたが友達や家族に使わないような言葉は、セールスレターの中でも使わないでください。

 

セールスレターを書くときはみんなではなく、たった一人の人間である読み手に、語りかけるように書いてください。

 

 

読み手に向けて書く一つのテクニックは 、セールスコピ ーで読み手に向かって 「あなた 」と直接呼びかけることです。

 

セールスライターの間ではこれを 「あなた指向 」と呼んでいます。

 

雑誌を読んでみてください。9 0 %以上の広告が本文で 「あなた 」を使っているのがわかります。

 

次の文章を読み比べてみてください。

 

  • オーダーをキャンセルするには 、商品を元のパッケージのままこちらにお返しください 。販売可能な状態でこちらが本を受け取ったら 、経理部にオーダーがキャンセルされたことを伝えます 。

 

  • もし 、あなたがこの書籍を気に入らなければ 、そのままこちらにご返送の上 、請求書は破棄してください 。お客様からは1円もいただきません 。どうです ?これ以上フェアなご提案はないでしょう ?

 

どうです?

 

全然印象が違うでしょ?

 

これこそが、「あなた指向」のパワーです。

 

セールスレターは常に、たった一人の人間に向けて書くものです。

 

たった一人の人間にも届く言葉は、万人にも届くものになるのです。

 

追伸

セールスライターはこれから伸びていく職業です。

↓↓↓

新Video:10年後食えない仕事

 

 

 

 

 

おすすめの記事