セールスライターがセールスレターを書いた時、絶対に意見を聞いてはいけない相手とは?

セールスライターの仕事は商品・サービスを売るためのセールスレターを書くことですが、その前提としてダイレクト・レスポンス・マーケティングを行わなければいけません。 ダイレクト・レスポンス・マーケティングとはその言葉の意味の通り、見込み客から今すぐの反応を引き出すためのマーケテ...

あるヘッドラインの「たった1つのミス」が広告の反応率を3倍にしてしまったなんて、あなたは信じられますか?

もし、あなたが書いたセールスコピーの反応率が上がらないのなら、これから紹介するちょっとしたことを変えるだけで反応率が劇的に変わるかもしれません。 それは、とてもとてもシンプルで簡単なことです。 あなたが試すことは、あなたのセールスコピーの中の「〜しましょう」と言ってい...

セールスレターでやってはならないこと:商品説明と価格提示を早くしてしまうこと

新米セールスライターも含めて、セールスレターを書く時に多くの人がやってしまいがちなことに、商品説明と価格提示を早くやり過ぎるということがあります。 いきなり商品・サービスを売り込むな! 例えば、あなたが「ピーナッツ・ダイエット」というピーナッツを食べることによって、ダイエット...

セールスレターから矛盾を排除せよ!矛盾があれば信用されない。

反応率の高いセールスレターを書くためには見込み客が抱えている感情を理解して、見込み客の頭の中の会話に入っていくようなコピーを書く必要があります。 まるで、バーで1人で飲んでいる時に隣の客がバーテンダーに悩みを打ち明けている様子を見て、 「それは大変ですよね。いきなり話...

なぜ、セールスレターには「ビックアイディア」が必要なのか?

『ビックアイディアがなければ、あなたの広告は暗闇に浮かぶ船のようだ』 この言葉は「広告の父」と呼ばれ、「広告産業において最も信頼される人物の一人」と称された伝説的な広告マンの言葉です。 もし、あなたが自分のビジネスのために、もしくは大切なクライアントのためにセールスレ...

【ヘッドラインの研究】あなたには自分を大富豪に導く何かがありますか?

セールスレターのヘッドラインはセールスレター全体の「ビッグ・アイディア」です。 つまり、ヘッドライン=ビッグアイディアは「見込み客を惹きつけ、商品・サービスの購買へと自然と行動へと向かわせてしまうほどの強力なアイディア」を表現する部分であり、セールスレターの中では「最も重要...

【ヘッドラインの研究】支払いを踏み倒す客のせいであなたはどれほどの損をしていますか?

セールスレターのヘッドラインはセールスレター全体のビッグ・アイディアです。 つまり、「見込み客を惹きつけ、商品・サービスの購買へと自然と行動へと向かわせてしまうほどの強力なアイディア」を表現する部分であり、セールスレターの中では「最も重要な要素」なんです。 ヘッドライ...

【ヘッドラインの研究】あなたのお子さんの IQ を生まれる前から上げる方法

セールスレターのヘッドラインはセールスレター全体のビッグ・アイディア、つまり、「見込み客を惹きつけ、商品・サービスの購買へと自然と行動へと向かわせてしまうほどの強力なアイディア」を表現する部分であり、セールスレターの中では最も重要な要素です。 ヘッドラインが変わっただけで反応率...

【セールスレターの研究】「通販生活」の「洗えるサンダル」

今回は、プロのコピーライター、セールスライターも参考にしている株式会社カタログハウス「通販生活」さんのセールスコピーについて、研究したいと思います。 今回は「洗えるサンダル」を売るためのセールスレターです。 ちなみに、カタログハウスは1976年に創業された通販会社で、...

【セールスレターの研究】「通販生活」のダニ捕りマット

今回は、プロのコピーライター、セールスライターも参考にしている株式会社カタログハウス「通販生活」さんのセールスコピーについて、研究したいと思います。 今回は「ダニ捕りマット」を売るためのセールスレターです。 ちなみに、カタログハウスは1976年に創業された通販会社で、...

【セールスレターの研究】「通販生活」のサングラス「I.C.メラニーナ」

今回は、プロのコピーライター、セールスライターも参考にしている株式会社カタログハウス「通販生活」さんのセールスコピーについて研究したいと思います。 ちなみに、カタログハウスは1976年に創業された通販会社で、有料のカタログ雑誌「通販生活」を創刊し、現在は約100万人の読者を...

一瞬で、セールスレターの価値を2倍以上にする方法

セールスレターは商品・サービスを販売する目的で書くものですよね? でも、一方で「人は売り込まれるのは嫌いだが、自分が納得して買うのは好き」という不変の真理も存在します。 ですので、セールスレターを書く時は「いかにも売り込み」という体裁で書くことは避けなければなりません...