広告は第一印象(ヘッドライン)がすべて

「人は見た目が9割」何事においても見た目や第一印象は大事ですよね?それは、広告においても同じことです。あなたは新聞を読みますか?最近では、インターネットでニュースを読む人も増えていると思いますが、数あるニュースの中で、どんなニュースがあなたの心を捉えるでしょうか?それは、見出し(ヘッドライン)=第一印象ですよね?

あなたの手紙(セールスレター)が、ゴミ箱行きにならないようにするために気をつけるべき「3つのこと」

From:HIRO セールスレターは手紙である あなたは、誰かに手紙を書いたことがあるでしょうか? きっと、「これまで、生きてきた中で、手紙なんか書いたことないよ」という人はいないと思います。 親への手紙、友人への手紙、そして、好きな異性への手紙・・・私たちは生き...
『ビックリするほどよく売れる「超」ぶっとび広告事例集』(ビル・グレイザー著)

ビックリするほどよく売れる超ぶっとび広告集(ビル・グレイザー著)の感想

セールスライターとして仕事を続けていくために、絶対に持っていなければならないものがあります。   何だと思いますか?   それは、スワイプファイルです。スワイプファイルは何かというと、実際に成果が出た効果実証済みの広告の文例集のことです...

セールスレターの中に「ビッグアイディア」が必要な理由とその見つけ方

From:HIRO なぜ、人はセールスレターを読むのか? そもそも、なぜ、人はセールスレターを読むのでしょうか? その答えは、とてもシンプルです。 人がセールスレターを読む理由は、自分の問題を解決するための何らかの「アイディアや手段」を得るためです。 セール...

ザ・ローンチ(著者: ジェフ・ウォーカー)の感想

これから、あなたに一冊の本を紹介したいと思います。その本は『ザ・ローンチ』(著者: ジェフ・ウォーカー)です。この本は、こんな刺激的な文章から始まります。(前書きより)本書の目的は、ビジネスを構築することである。しかも、あっという間にだ。すでにビジネスを手がけている人にとっても、起業したくてうずうずしている人にとっても、本書は飛躍するためのレシピとなる。

広告の目的は人に行動させること(現代広告の心理技術101 著者:ドルー・エリック・ホイットマン)

From:HIRO 今回は、現代広告の心理技術101(著者:ドルー・エリック・ホイットマン)の中から、この言葉を紹介いたします。 広告の目的は人に行動させること 「詳細を問い合わせてほしい」とか、「ペイパルでさっさと元気をよこしてほしい」とか、「クレジットカードをさっと...

相手の本音を引き出す「3つの質問」とは?

From:HIRO 僕たちセールスライターにとって、リサーチする能力は不可欠ですよね? だって、どんなに顧客心理がわかっても、どんなに素晴らしいスワイプファイル(過去にうまくいったセールスレター集)を持っていても役に立たないからです。 なぜなら、これから売ろうと...

広告が成功!さて、その次にやることは何?

セールスライターとしての仕事の醍醐味はなんといっても、自分が書いたセールスレターが高い反応率を叩き出した時です。 これは報酬が高い安いに関わらず、僕にとってはアドレナリンが出るくらいに嬉しい瞬間です。 自分のビジネスのためにセールスレターを書いたのであれば、見る見る数...

「すぐには新しくできない商品・サービス」を常に新しく見せる方法

あなたはスマホやパソコンで頻繁にYahoo!ニュースをチェックする方ですか? 僕は職業柄、スマホで何度もYahoo!ニュースをチェックしてしまいます。 なぜ、僕はそんなに何度もyahoo!ニュースをチェックしてしまうのか? それは、常に新しい話題が気になってしま...

相手の頭の中に動画をインストールする方法

あなたは普段、You Tube動画を見ますか?僕は結構、ミュージックビデオを中心に日常的に見ています。動画は文字情報に比べて、見ていて疲れないし、たくさんの情報が入ってくるので、いいですよね?さて、今回の記事は動画を見せるという話ではなく、文章を書くことで、あたかも読み手の頭の中に動画が浮かび上がるような書き方のコツについて、紹介したいと思います。

見出しを評価するためのチェックポイントとは?

自分、または他人が書いたセールスレターの見出しが、効果があるものなのかを評価するためのチェックポイントを紹介します。 見出しは、セールスレターにおける最も重要な要素なので、見出しを決める前には必ずこのチェックポイントに目を通すようにしましょう。 セールスライティング・ハン...

やめられない、止まらない文章を書こう!

人はいつでも読むのをやめるタイミングを伺っているのです。だから、セールスライターは常に、セールスレターでもブログ記事でも何でも、何かのコピーを書くのなら「まず読んでもらうこと」と同じくらい、「読み続けてもらうこと」を気を配らなければなりません。