セールスライターなら常に、メモをする習慣を身につけろ!

From:HIRO 素晴らしいアイディアはいつ、降ってくるかわかりません。 だから、あなたはいつ、何時、アイディアが降ってきてもいいように、メモをする状況を作っておく必要があります。 僕は常にメモ帳は肌身離さず、持ち歩いていますし、メモ帳がない場合は、iPhon...
コピーライティング

「読まない」という壁を越える方法

こんにちは。コピーライターのHIROです。 今回は、   「読まない」という壁を越える方法   についてお話します。   以前、コピーライティングには、 1、読まない 2、信じない 3、行動...

ザ・ローンチ(著者: ジェフ・ウォーカー)の感想

これから、あなたに一冊の本を紹介したいと思います。その本は『ザ・ローンチ』(著者: ジェフ・ウォーカー)です。この本は、こんな刺激的な文章から始まります。(前書きより)本書の目的は、ビジネスを構築することである。しかも、あっという間にだ。すでにビジネスを手がけている人にとっても、起業したくてうずうずしている人にとっても、本書は飛躍するためのレシピとなる。

約束(PROMISE)したら、想像(PICTURE)させよう!

From:HIRO 前回、セールスレターの冒頭では、理性に訴えるための説得をするのではなく、「見込み客の欲求に直接訴えかけるような約束をすること」の重要性について書きました。 【警告】セールスレターの書き出しで、こんな間違いをしていませんか? では、その次にすべ...

セールスライティングこそ最も生産的な仕事。だから、邪魔者は徹底的に排除しよう!

僕たちセールスライターにとって、最も生産的な時間はセールスレターを書いている時です。自分のためのセールスレターであれ、人のためのセールスレターであれ、僕たち自身が何かを書いて、実際に見込み客に届けなければ、収益は生まれません。

やめられない、止まらない文章を書こう!

人はいつでも読むのをやめるタイミングを伺っているのです。だから、セールスライターは常に、セールスレターでもブログ記事でも何でも、何かのコピーを書くのなら「まず読んでもらうこと」と同じくらい、「読み続けてもらうこと」を気を配らなければなりません。
コピーライティング

セールスライターが越えるべき「3つの壁」とは?

今回は、   『セールスライターが越えるべき「3つの壁」とは?』   についてお話します。   セールスレターには越えるべき「3つの壁」があります(3つのNOTとも言われます)   それは、 ...

セールスレターの簡単構成術

セールスレターを書くための簡単な構成術を紹介します。   まず 、見出しでこちら側の約束 (セ ールスポイント )を伝えます。   次に 、その約束がどのようにして果たされるかを説明します。   それから、証拠を提...

セールスレターは第一印象がすべて

セールスレターは第一印象がすべてです。   第一印象とは、読み手が最初に目にして読むものです。つまり、セールスレターの構成要素でいえば、見出し(ヘッドライン)です。   その第一印象がつまらなかったり、自分に関係のないものだったりすると...
コピーライティング

コピーライティングで「人の感情を大きく動かす要素」とは?

こんにちは。コピーライターのヒロです。 今回は、 「コピーライティングで人の感情を大きく動かす要素」 について、お話します。 「人の感情を大きく動かす要素」には、どんなものがあるでしょうか? 「人の感情を大きく動かす要素」には「GDTの法則」というも...
「フロントエンド」か「バックエンド」か?

その話、私に何の関係があるの?

こんにちは。HIROです。   あなたは、あなたがターゲットとしている見込み客がセールスレターを読むときに、どんなことを考えていると思いますか?   それは、   「その話、私にどう関係するの?」  ...

見出しを評価するためのチェックポイントとは?

自分、または他人が書いたセールスレターの見出しが、効果があるものなのかを評価するためのチェックポイントを紹介します。 見出しは、セールスレターにおける最も重要な要素なので、見出しを決める前には必ずこのチェックポイントに目を通すようにしましょう。 セールスライティング・ハン...