なぜ、セールスレターの内容がよくても、反応率が低い結果となってしまうことがあるのか?

jarmoluk / Pixabay
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

From:HIRO

セールスライターとしてまだ駆け出しの頃、僕は大きなミスを犯しました。

それは、

「セールスコピーの内容さえよければ、反応が得られる」

と本気で考えていたことです。

このように本気で考えていたので、セールスコピーには一生懸命になるけれど、それをどう見せるかという見栄えには全くと言っていいほど、気を配っていませんでした。

(どんでもないことですが、デザイナーのことも「コピーの原則も知らないで、何を言ってるんだ」とバカにしていました)

セールスコピー・言葉の選択は、見込み客の反応の25%程度しか貢献していない。反応率の大半は、セールスコピーがどれだけ読まれるかにかかっている

ですので、せっかく本気で書いたセールレターでも、お粗末な見栄えなので、そこそこの反応率しか得られないことが続いていました。

でも、ある時、あまり反応率がなかったセールスコピーのヘッドライン部分(最初の部分)をPhotoshopを使って、ちょっとだけ見栄えをよくした途端、驚異的な反応率を叩き出したことがありました。

その瞬間、僕はやっと気がつきました。

「見栄えって、メチャクチャ大事じゃん・・・(大バカ者は僕自身でした)」

確かに、どんなに見栄えがいいセールスコピーでも、内容がしっかりとしていなければ、目的とする反応を得ることはできません。

でも、まずは、どんなに内容がしっかりとしたセールスコピーが書けたとしても、それを読んでもらえなければ、反応は減ってしまうのは当然です。

まとめ

セールスライターにとって、勝負は一瞬です。

相手の興味・関心を一瞬でひいて、セールスレターが読まれること。

これに失敗してしまえば、どんなに素晴らしいセールスコピーもゴミ箱行きです。

だから、セールスレターの内容にこだわることは当然のこととして、そのセールスレターを読んでもらうことにも全力を注いでいきましょう。

つまり、セールスコピーそのものだけでなく、セールスコピーの見た目、何にどのように印刷するのか、どのような封筒に入れるのか、そして、それを受け取る人はどんな状況で受け取るのかに、もっと気を配っていきましょう。

なぜなら、セールスレターの反応率の大半以上はいつだって、そのセールスレターが、どれだけの人に読んでもらえるかにかかっているのですから。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら