ウェブ・セールスコピーの法則:「問いかけ」を使おう

ウェブ・セールスコピーの法則
ウェブ・セールスコピーの法則
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

こんにちは。コピーライターのヒロです。

今回は、ウェブ・セールスコピーの法則(著者:マリア・ヴェローソ 監訳:寺本隆裕)から

『「問いかけ」の力』

についてお話します。

まず、以下の2つの文章を見比べてみてください。

1.仮にあなたが、サイトの訪問者のうちの15%か25%―あるいは50%以上でも―を顧客に替えられるとしたら?そうなったら、あなたの収入はどれだけ増えますか?

2.あなたのビジネスにおいて、サイトの訪問者のうちの15%か25%―あるいは50%以上でも―を顧客に替えて、収入を増やすことができます。

ウェブ・セールスコピーの法則(著者:マリア・ヴェローソ 監訳:寺本隆裕)P.49より引用

 

あなたはどちらの文章が魅力的だと感じましたか?

2.は意見の表明です。それを信じる人も信じない人もいるでしょう。

その反対に、1は理想的なシナリオを紹介することで、読者の脳にその結果を想像させ、理想の未来像を描かせることができます。

1枚の絵は1000もの言葉に匹敵します。

しかし、1つの言葉・文章を読んで、相手の頭の中に描かれたイメージは1000もの絵に匹敵します。

なぜなら、それは自分自身の頭と心の中にある想像力で描いたイメージなのだから、世界中の画家が描いたどんな絵よりも説得力があるからです。

従って、「問いかけ」は、見込み客を惹きつける重要なツールとなります。

なぜなら、人間の脳は、問いかけられると答えようとするからです。

人間は、誰かが言った意見よりも、自分の頭で考えて思いついた意見の方を信じやすい傾向があるのです。

ぜひ、あなたもこの知識を自分のセールスレターに取り入れてみてください。

ほんのわずかな「違い」ですが、「結果」は大きく変わります。

 

P.S

ウェブ・セールスコピーの法則(著者:マリア・ヴェローソ 監訳:寺本隆裕)の書評はこちら

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)