キャッチコピー(見出し)は、あなたのターゲットにぴったりと合わせろ!

あなたは新聞や雑誌を読むとき、どの部分に目が行きますか?そうです。キャッチコピー(見出し)ですよね?キャッチコピー(見出し)が自分に興味のないものだったら、わざわざ、本文を読もうとはしませんよね?だからこそ、キャッチコピー(見出し)は、あなたのビジネスのターゲットとなる見込み客や顧客にぴったりと合わせる必要があるのです。

なぜ、セールスライターはセールスレターやブログ記事を毎日書く必要があるのか?

セールスライターとして腕を磨くためには何が必要か?それは、セールスコピーの本を読むことではありません。高額のセミナーや教材を購入することでもありません。基礎的に知識を手に入れたら、後は自分自身の集客ブログに少しでもいいので毎日、ブログ記事を投稿する。それから、1日でも早く、自分が貢献すべきクライアントを見つけて、そのクライアントのために真剣勝負の仕事をすることです。

【心理トリガー】「恥ずかしい思い」は、人を行動へと駆り立てる

あなたは仕事をしていて、恥ずかしい思いをしたことはありますか?例えば、人前で怒られたり、人前で失敗してしまったりと思い出すだけでも、恥ずかしくなってしまうような経験をしたことは、誰にもあると思います。ほとんどの人は「他人にどう見られているか?」「他人にどう思われているか思われているか?」を常に気にしながら生活しています。

大きく儲けたければ、神様になることを恐れるな!?

このタイトルを見て「怪しい!」と思いましたか?安心してください。決して怪しい記事ではありません(笑)僕があなたに一番伝えたいことは、ビジネスの本質を突き詰めていけば、みんな「自分や自分たちを有名にするビジネスをしている」のです。