【18分46秒で解説】事例から学ぶ方法|なぜ、私たちは事例を学んでも活かせないのか?

セールスライターの心得

■なぜ、事例が欲しいのか?

・誰もが失敗したくない、損したくない、騙されたくないと思っている。
・だから、できるだけ成功確率が高いものを探そうとする。

■ビジネスには、唯一の正解はない

・環境、タイミング、人、物、金、情報など、一つとして同じ状況のビジネスはない。

・似ているところはあるかもしれないが、すべては背景が全く違う。

・その中で自分や自分たちのビジネスにとっての最適解を見つけていくことこそ、ビジネスの醍醐味。人生と同じ。

■してはいけない質問

・でも、私のビジネスは違う

■するべき質問

・この事例、どうやったら、私のビジネスに活かせるか?

■事例から学ぶ方法

・コンテンツ(内容)とコンテキスト(コンテンツが生まれた背景)の両方を考える

例) 今、Facebook広告が熱い

・ターゲットは誰?その人の問題/願望は?
・どんなオファー(取引条件)は?
・ターゲットにとっての価値は何?
・何をどのように伝えた?

 例)Amazonギフトのオファーを加えただけで、見込み客獲得コストが1/3に

■ある程度の情報を集めたら、まずはやってみよう

・行動とは、現実を認識するための最も洗練された方法である。
・構え、打て、ねらえ!
・検討より「検証すること」に重きを置くこと
・もちろん、検討も大事。行動する前に集められる情報はすべて集めて、その時点で想定できるリスクはすべて想定して行動を起こすこと

■まとめ:事例から学ぶ方法

・常に、「どうやったら自分のビジネスに活かせるか」を考えること
・決して、「自分のビジネスは違う」と考えないこと。この思考に慣れてしまうと何からも学べなくなってしまう
・起業家にとって、何かをやることのリスクは常に存在するが、何かをやらないことのリスクも存在する
・成功する起業家はリスクを犯すのではなく、把握して管理する

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

なぜ、このビジネスは、商品なし、経験なし、コネなし、初期投資なし、売るためのメディアなし、リストなし、そして、会社をやめなくても、リスクなく副業からでも始めることができるのか?

6ヶ月以内に現在の収入以外に、月収30万円以上を稼ぐ方法

もし、あなたが今のビジネスだけでは不安で、もう1つの収入源が欲しいと思っているのなら、このまま頑張った先に、自分の求める未来がないと感じているのなら、これを手に入れてください。
タイトルとURLをコピーしました