【ヘッドラインの研究】あなたには自分を大富豪に導く何かがありますか?

セールスレターのヘッドラインはセールスレター全体の「ビッグ・アイディア」です。 つまり、ヘッドライン=ビッグアイディアは「見込み客を惹きつけ、商品・サービスの購買へと自然と行動へと向かわせてしまうほどの強力なアイディア」を表現する部分であり、セールスレターの中では「最も重要...

【ヘッドラインの研究】支払いを踏み倒す客のせいであなたはどれほどの損をしていますか?

セールスレターのヘッドラインはセールスレター全体のビッグ・アイディアです。 つまり、「見込み客を惹きつけ、商品・サービスの購買へと自然と行動へと向かわせてしまうほどの強力なアイディア」を表現する部分であり、セールスレターの中では「最も重要な要素」なんです。 ヘッドライ...

なぜ、稼ぎ続けるセールスライターには、優秀なコーチが付いているのか?

あなたは稼ぎ続けているセールスライターには必ずと言っていいほど、優秀なコーチが付いていることを知っていましたか? 最近、「セールスライターの教科書」の読者から、こんな質問をいただきましたので、お答えしたいと思います。 読者からの質問 稼いでいるセールスライターにはあって...

【ヘッドラインの研究】あなたのお子さんの IQ を生まれる前から上げる方法

セールスレターのヘッドラインはセールスレター全体のビッグ・アイディア、つまり、「見込み客を惹きつけ、商品・サービスの購買へと自然と行動へと向かわせてしまうほどの強力なアイディア」を表現する部分であり、セールスレターの中では最も重要な要素です。 ヘッドラインが変わっただけで反応率...

【セールスレターの研究】「通販生活」の「洗えるサンダル」

今回は、プロのコピーライター、セールスライターも参考にしている株式会社カタログハウス「通販生活」さんのセールスコピーについて、研究したいと思います。 今回は「洗えるサンダル」を売るためのセールスレターです。 ちなみに、カタログハウスは1976年に創業された通販会社で、...

【セールスレターの研究】「通販生活」のダニ捕りマット

今回は、プロのコピーライター、セールスライターも参考にしている株式会社カタログハウス「通販生活」さんのセールスコピーについて、研究したいと思います。 今回は「ダニ捕りマット」を売るためのセールスレターです。 ちなみに、カタログハウスは1976年に創業された通販会社で、...

セールスライターとして稼ぎ続けるために「必要ないこと」とは?

今回は、読者の方からこのような質問をいただきましたので、回答したいと思います。 【質問】 セールスライターとして稼ぎ続けるために「不必要なこと」とは何ですか? 【回答】 担当直入にお答えしますね。 1.多額の資金は必要ありません。 飲食店や美容室など、自分で事業を立ち...

完璧主義の病。セールスライターとしての僕がずっと悩んでいること・・・。

僕は欠点だらけの人間ですが特に、自分でも大きな欠点だと自覚していることがあります。 それは、完璧主義です。 完璧主義の罠 特に、セールスライターになってから僕のこの欠点が、さんざん僕を苦しめてきました。 セールスレターを書けば細かい...

【セールスレターの研究】「通販生活」のサングラス「I.C.メラニーナ」

今回は、プロのコピーライター、セールスライターも参考にしている株式会社カタログハウス「通販生活」さんのセールスコピーについて研究したいと思います。 ちなみに、カタログハウスは1976年に創業された通販会社で、有料のカタログ雑誌「通販生活」を創刊し、現在は約100万人の読者を...

一瞬で、セールスレターの価値を2倍以上にする方法

セールスレターは商品・サービスを販売する目的で書くものですよね? でも、一方で「人は売り込まれるのは嫌いだが、自分が納得して買うのは好き」という不変の真理も存在します。 ですので、セールスレターを書く時は「いかにも売り込み」という体裁で書くことは避けなければなりません...

なぜ、インターネットで商品・サービスを売るためには、セールスコピーが必要なのか?

今の時代、パソコンやスマホでインターネットに接続して、自分の知りたい情報、または興味のある情報をチェックすることは驚くほど簡単になりましたよね? ほんのひと昔前までは、調べ物をしたいと思ったら、わざわざ図書館に行って調べていました。 でも、今の時代であれば、Googl...

稼ぐセールスライターがやっている「普通の人がやらない2つのこと」とは?

この前、お客さんと次のセールスプロモーションの話をしていたら、こんな質問をされました。「実は僕もセールスライターになりたくて勉強してるんですよ。どうすれば、反応率の高いセールスコピーが書けるようになるんですか?」