過去の伝説的なセールスライターたちは、広告をどのように捉えていたのか?

過去の伝説的なセールスライターたちは、広告をどのように捉えていたのか?今、僕たちはインターネットがあるのが当たり前の世界に生きています。そして、セールスライティングを活用して売れる広告を作ることを学んでいます。でも、最新の知識を学ぶのもいいですが、過去に学ぶことも忘れてはなりません。

セールスライターとして犯す最大の間違いとは?

セールスライターとして犯す最大の間違い。何だと思いますか?それは、広告を素人と同じように評価してしまうことです。例えば、「ソフトバンクの白い犬のお父さんが面白い!」とか「モノより思い出。買えるものは〜カードで」というものを見て、それを真似ようとしてしまうことです。そんなことをしてしまえば、あなたはセールス担当者ではなくて、アーティストかエンターテイナーになってしまいます。それはセールスライターの仕事ではありません。

セールスライターの「収入」と「仕事内容」とは?会社を辞めずに「稼げるセールスライター」になるための「7つのステップ」を公開します。

セールスライターの「収入」と「仕事内容」とは?会社を辞めずに「稼げるセールスライター」になるための「7つのステップ」を公開します。「セールスライターには興味がある。でも、セールスライターは本当に稼げるの?」今回は、そんなあなたの疑問にお答えします。僕がセールスライターとして意識して、活動したのはだいたい5年ぐらいになりますが、その間にセールスライターに挑戦するたくさんの人の事例を見てきました。その経験をもとに、セールスライターの「収入」と「仕事内容」、そして、僕自身の経験の中から導き出した「稼げるセールスライター」になるための「7つのステップ」に、紹介していきます。

僕がセールスライティングを始めたワケ(理由)とは?

僕は自分でもそうですし、他人も認める「セールスライティングおたく」です。スワイプファイル(過去に効果が実証されたセールスレターの型)を手に入れたら、「すげ~!」と異常に興奮します。また、毎日、少しずつですが写経(スワイプファイルの模写)をやっています(こんなことやる人いませんよね?)僕の友人や仕事の同僚は、そんな僕のことを変態と呼びます(誉め言葉であることを願いますが・・・)さて、そんな僕ですがなぜ、セールスライティングを始めて、今でもセールスライティングにのめり込んでいるのかについて、お話したいと思います。

あなたがセールスライターになるべき「4つの理由=メリット」とは?

今回は、あなたがセールスライターになるべき「4つの理由=メリット」について、お話したいと思います。あなたも忙しいでしょうから単刀直入に結論から言いますと、セールスライターになることによって、あなたの人生の可能性を広げることができます。ですので是非、今すぐにこの記事を読んで、セールスライターに挑戦するかしないかを決めて欲しいと思います。

セールスライターは、売れなければ成功できない

From:HIRO 当然といえば当然ですが、セールスライターは自分が書いたセールスレターによって、売上げが上げることができなければ、成功することはできません。 でも、僕はもともと、セールスが大嫌いでした。 なぜかというと、一番最初に入った人事系のコンサルティング...

才能がなくても稼げるのが、セールスライターの魅力

From:HIRO 僕がセールスライターについて気に入っていることの一つに、「才能がなくても稼げる」ということがあります。 むしろ、中途半端な才能は稼ぐための障害になります。 なぜなら、売れるセールスコピーを書くためには、ある程度の成功法則があるからです。 才...

セールスライターの仕事をお客さんに簡単に説明する方法

From:HIRO セールスライターという職業は、まだまだ新しく出てきた職業なので、 「何をする職業なの?」 という人がまだまだ多いというのが現状です。 それは現場で仕事をしていると僕もヒシヒシと感じます。 セールスライターの仕事は、売れる営業マンのセー...

セールスライターに不必要な「5つのもの」とは?

From:HIRO セールスライターに不必要な「5つのもの」とは? 今回はセールスライターに「必要なもの」ではなく逆に「不必要なもの」という視点から考えてみたいと思います。 この記事を読み終えたとき、あなたはきっと、驚くほど簡単にセールスライターとして起業して、...

【ニュース!】セールスライターと一緒に仕事をすれば、もっと商品・サービスを売りにつながる資産を築くことができます。

もし、あなたが本気で、あなたの商品・サービスを得るための手段として、ブログなどのコンテンツ記事を作ろうと計画している。でも、自分では、そんな記事を作れない、または、作れるが時間がないので誰かにお願いしたいと考えている。それなら、、、普通のライターではなく、プロのセールスライターに仕事を依頼した方が、商品・サービスの売りに直結したコンテンツ記事を作ることができることを知っていますか?

「セールスライター」と「セールスパーソン」との決定的な違いとは?

もし、あなたが経営者、もしくは、企業のマーケティング責任者だったら、優秀なセールスパーソンと優秀なセールスライター、どちらを雇いたいと思いますか?僕だったら断然、セールスライターです。なぜなら、優秀なセールスライターを1人雇うことができれば、何万人もの営業部隊を手にしたのに等しい成果が期待できるからです。

セールスライターの「本来の仕事の役割」とは何か?

今回は、改めて、「セールスライターの本来の仕事の役割」について、考えてみたいと思います。「セールスライターとはタイプライターを前にしたセールス担当者である」この言葉は、小売業界向け広告代理店ジュディス・K・チャールズ・クリエイティブ・コミュニケーションのオーナー社長ジュディス・チャールズの言葉と言われています。