なぜ、インターネットで商品・サービスを売るためには、セールスコピーが必要なのか?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

今の時代、パソコンやスマホでインターネットに接続して、自分の知りたい情報、または興味のある情報をチェックすることは驚くほど簡単になりましたよね?

ほんのひと昔前までは調べ物をしたいと思ったら、わざわざ図書館に行って調べていましたよね?

でも、今の時代であれば、GoogleやYahoo!の検索エンジンに知りたいキーワードを入力すれば、一瞬でキーワードに関連する様々な情報を手に入れることができるようになりました。

本当に便利な世の中になりましたよね。

そう考えると今、僕たちが生きている世界は物凄い世界なんだと改めて、実感することができます。

そして、インターネットは単なる調べ物をするだけでなく例えば、アマゾンや楽天などのECサイトで商品を買うための手段としても頻繁に利用されています。昔に比べて、僕もアマゾンは頻繁に利用するようになりました。

このように今の時代、これだけインターネットが発達したことによて消費者としては、本当に暮らしやすい便利な時代になりました。

では、提供者側、つまり企業の立場から見たらどうでしょうか?

企業の立場から見ても、インターネットの出現によって可能性は大きく広がりました。

僕が以前に立ち上げた新規事業では、たった1つのホームページを立ち上げ、それを継続的に育成させることで、日本全国にメッセージを届けられるようになりました。そして、そのホームページに書いたメッセージがきっかけで、日本全国から問い合わせが入るようになりました。

でも、これは僕の印象ですが、商品・サービスの提供者側である企業はインターネットという媒体(メディア)をまだまだ十分に活かしきれていません。

そして、その大きな原因は「ただホームページに商品・サービスに関する情報を載せるだけでお客さんがやってくる」という甘い考えを持っているからだと感じています。

なぜ、インターネットで商品・サービスを販売するためには、セールスコピーが必要なのか?

確かに、インターネットは凄い媒体(メディア)です。

なぜなら、インターネットは時間と場所に関係なく、一瞬で世界中にメッセージを発信することができるからです。

でも、どんなにインターネットが凄いからといって、ホームページや商品・サービスの販売ページ(ランディングページと言われています)を作って、そこにあなたが売りたい商品・サービスに関する情報を載せたからといって、すぐに商品・サービスが売れるわけではありません。

インターネットで商品・サービスを販売するためには例えば、

  • その商品・サービスは誰のどんな問題、願望を解決することができるのか?
  • なぜ、他にも色々な商品・サービスがある中で、その商品・サービスを買う必要があるのか?
  • なぜ、後ではなく今すぐにあなたの商品・サービスを買う必要があるのか?

というお客さんが当然、抱くであろう疑問に関するコピーを書いて、お客さんにそのことを明確に伝える必要があるのです。

どんなに良い商品・サービスでも、それを言葉にして表現して、その商品・サービスを必要としている人たちの元に確実に届けることができなければ、売ることはできませんよね?

そして、売ることができない商品・サービスというものは世の中に存在していないも同然です。むしろ、誰にも使われていないという意味で、売れない商品・サービスは本当に良い商品・サービスとは言えないのです。

ですので、インターネットで商品・サービスを売るためには、対面での販売以上に商品・サービスの特徴、そして何よりもその特徴の一つ一つがお客さんにとって、どんなメリットがあるのかを深く掘り下げて、明確な言葉として伝える必要があるのです。

また、お客さんは毎日、膨大なセールスメッセージを目にしています。

ですのであなたは、そんなライバルが多い中でお客さんの興味・関心を引いて、信用を勝ち取り、今すぐに行動してもらうためのセールスコピーを書かなくてはなりません。

そして、そのためには、反応率の高いセールスコピーを書くために十分なトレーニングを積んだセールスライターの力が必要になってくるのです。

例えば、カタログハウスが運営する通販サイトである「通販生活」の一つ一つの商品販売コピーはプロのライターによって書かれています。

↓↓↓

https://www.cataloghouse.co.jp/

このようなコピーがなければ、商品・サービスをたくさん販売することはできなくなり、経営はたちまち立ち行かなくなってしまうでしょう。

まとめ

残念ながら、僕が知っている経営者や企業のマーケティング担当者でもセールスコピーのこと。そして、それを書くセールスライターのことを重要視している人はまだまだ多くありません。

でも、実際問題、優秀なセールスライターがいて、そのセールスライターが書いたセールスコピーが1つ以上あるかどうかで事業の存続が決まってしまうことが、現実のビジネスの姿であることは変わりません。

だからこそ今、セールスライターとしてセールスライティングを学び、学ぶだけでなく実際の仕事を通して、セールスライターとしての知識・スキル、そして経験を積むことは、あなたが長期的に稼ぎ続ける上で最も価値あることなのです。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら