なぜ、セールスライターの文章は人に「予定になかった行動」を取らせることができるのか?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

あなたは郵便受けに入っているチラシやダイレクトメールを見た時、または、テレビで通販ショッピングを見た時、全然買う予定はなかったのに「欲しい!」と思って、ついついその商品・サービスを買ってしまったことはありませんか?

僕はあります。

僕の衝動買い体験

僕はあまり衝動買いをするタイプではないのですが以前、ジャパネットたかたで通販ショッピングで「レイコップ」という布団掃除機のプレゼンテーションを見て、ついつい「レイコップ」を衝動買いしてしまいました。

僕の中では、布団は干すものであり、掃除機で掃除するものではないということが常識でしたが、テレビで紹介される布団の中に潜むダニの驚異、そして、それを解決してくれる商品である「レイコップ」の魅力に虜になってしまったのです。

しかも、「レイコップ」は内科医のお医者さんが開発したということが紹介されて、僕の購買意欲にいっきに火がついてしまいました。

「欲しい・・・」

そして、気がつけば、僕はインターネットで「レイコップ」を注文していました(「レイコップ」が欲しい!と興奮していたせいで、いつも慎重に行動する僕ですが、あまり商品の性能などを検討せずに行きに購入を決めてしまいました)

この体験は僕のごくごくありふれた日常の出来事ですが、セールスライターの仕事とは、この僕のような行動を取らせるための文章、つまり、人いん衝動買いさせてしまうほど強力な書くことにあるのです。

セールスライターが書く文章の特徴とは?

世の中には、様々なセールスメッセージが溢れています。でも、そのほとんどがすでに買う気がある人を対象にセールスメッセージが組み立てられています。

セールスライターの文章はそれとは違います。

セールスライターは文章を書く前には必ず、これから売ろうとしている商品・サービスの特徴や歴史、そして、その特徴や歴史がお客さんの抱える「問題」や「願望」にどのように役立つのかを徹底的に深堀りして、見込み客と商品・サービスの適切な接点を見つけ出します。

そして、それを表現する文章を書くことによって、自分でも意識していない人の根源的な感情に火をつけて、人を行動へと駆り立てるのです。

だから、セールスライターが書いたセールスメッセージを目にした人は、「レイコップ」を衝動買いしてしまった僕のように、ついつい「予定にはなかった行動」を取ってしまうのです。

セールスライターが書いた文章に近いのは、株式会社カタログハウスの「通販生活」です。とても勉強になるのでぜひ、チェックしてみてください。

まとめ

さて、僕が衝動買いをした「レイコップ」はその後、どうなったのでしょうか?

今でも大活躍してくれています。

そして毎晩、「清潔な布団で寝られている」という安心感を与えてくれています。

つまり、偶然に出会った情報によって、僕の毎日の生活をより豊かなものへと変えてくれたのです。

セールスライターの仕事とは、僕にとっての「レイコップ」のように見込み客の悩みや願望と、それを解決する手段としての商品・サービスとを結びつけて、これまでは存在しなかった需要を生み出すことにあるのです。

すでにある需要を取り込むために、商品・サービスの特徴を分かりやすく表現するセールスメッセージは世の中に溢れていますし、それを書く仕事をしている人は星の数ほど存在します。

でも、人に予定になかった行動を取らせるほど強力な文章が書ける人はほとんど存在しません。

今、あなたが学ぼうとしているセールスライティングは、そんな強力な力を秘めているのです。

でも、それを信じてやってみるかどうかはあなた次第です。

もし、そんな力を手に入れてみたいのならぜひ、セールスライティングを学んでみてください。

世の中の見方、人間の味方、商品・サービスの見方が変わり、毎日の生活が楽しくなることを僕が保証します。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!