セールスレターを早く書くためには、時間制限を自らに課せ!

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

あなたはセールスレターなどの文章を書くときに「いつまでも終えることができない、、、」という悩みを持っていませんか?

仕事を始めたのはいいけど、いつまでもその仕事を終えることができず、イライラしてしまったり、自己嫌悪に陥ってしまうことはありませんか?

実はこの悩みはあなただけでなく、多くの人が抱えている悩みなんです。

僕も1通のセールスレターを仕上げるのに、1ヶ月も2ヶ月も時間を費やしていた時代があります。

でも、そんなことをしていたら仕事はいつまで経っても終わりませんし、仕事が終わらないので当然、利益や報酬は発生しません。

これは僕たちセールスライターにとって大問題です。

でも、安心して下さい。簡単な解決策があります。

自らに時間制限を課せ!

それは、時間制限を自らに課すのです。

例えば、1500文字のブログ記事を書く仕事があるとすれば、そのブログ記事を書くために1時間しか時間を使えないと設定して、時計とにらめっこしながら仕事を進めていくのです。

昔の僕も含めて、多くの人がいつまで経っても仕事を仕上げられない最大の原因はその仕事の締め切りを明確にして、その締め切りまでに本気で仕事を終えようとしていないからです。

自分にはまだまだ使える時間がたっぷりあると思い込んでしまうのです。

あなたも身に覚えがあるかもしれませんが、宿題や会社の仕事には必ず締め切りがありますよね?

そして、あなは締め切り間際になった途端、スピードも集中力も増して宿題や仕事を終えようと頑張って、ギリギリセーフで宿題や仕事を終えた経験はありませんか?(僕はなんどもありません)

物事には必ず終わりがある

人の一生でも仕事でも、そして宿題でも、物事には必ず終わりがあります。

仕事に取り掛かる前に終わりを意識することで、人はその終わりの期日までに仕事を終えるように一生懸命になって頑張っていくことができる生き物なのです。

だから、セールスレターを今よりも素早く書きたければ常に時計とにらめっこして仕事を進めることを試してみてください。

最初は慣れていないので、うまくいかないこともあるかと思いますが、次第に時計がなくても時間の経過を体感できるようになり、自分の思った通りに仕事をやり終えることができるようになるでしょう。

ぜひ、早速、今日から試してみてください。

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら



【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

もっと稼ぎたいけど、どうしたらいいか分からないサラリーマンへ

サラリーマンを続けながら「ウェブ・セールスライター」として活動している凡人の男が「副業からセールスライターを始めて、1年以内に会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法」を教えます。



副業からセールスライターを始めて、1年以内に会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法


こんな少ない稼ぎで、生活するのはもうウンザリでした。


それから、この先「私が昇進・昇格して給料が上がる見込み」も「会社の業績が上向く見込み」も薄いことはハッキリと分かっていました。


また、それ以上に、会社の言うままに「これで本当にいいのだろうか・・・」と疑いを持ちながら仕事をするのが耐えきれませんでした(もっと私には可能性があるはず。何かに挑戦したい!)


だから私は、このビジネスを始めたのです、、、