「買わない」にはワケがある:購買選択の心理学(著者: バリー・シュワルツ)

購買選択の心理学 著者: バリー・シュワルツ
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

こんにちは。コピーライターのHIROです。

今回は、

購買選択の心理学(著者: バリー・シュワルツ)

の感想についてお話します。

購買選択の心理学 著者: バリー・シュワルツ

コピーライターにとって最も重要なことは、

「上手な文章を書くこと」

ではありません。

 

コピーライターにとって最も重要なことは、

「顧客の心理を深く知ること」

です。

 

ということで早速、顧客心理について書かれた

購買選択の心理学(著者: バリー・シュワルツ)

を買って読んでみました。

 

読み進めると「なるほどな~」の連続。

 

例えば、

 

・選択肢が多すぎて、選択できない…

・“保有効果”人は手に入れるよりも失うことに苦痛を感じる…

・だから、返金保証を使って商品を手放す人はほとんどいない…

・規則や基準を使って制約を作り、必要な判断を減らす…

・明らかに劣る廉価版商品と売りたい商品を並べて陳列させる…

 

など、お客さんの視点から見た「買わない理由」を
深く理解することができました。

 

「購買と人間心理」

 

この関係を様々な切り口や事例から知ることは、
確実にマーケティングとコピーライティングの幅を
広げてくれることを改めて、実感しました。

 

人間心理を知れば知るほど、売れるようになるし、

売れるようになればなるほど、人間心理を深く
知ることができるようになる。

 

やっぱりマーケティングとコピーライティングは面白い!

その上、「儲け」と直結した「最高の学び」であると深く
確信しました。

 

購買選択の心理学(著者: バリー・シュワルツ)

 

オススメです!

 

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)