コンサルが年収を2倍にする方法:コンサルタント起業成功法則大全

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

こんにちは。ヒロです。

今回は、

「コンサルが年収を2倍にする方法」

についてお話します。

あなたは、コンサルタントと呼ばれている人たちの年収がどれくらいかを知ってますか?

ちなみに僕が定義するコンサルタントというのは、コーチやカウンセラー、セラピスト、ウェブ・マーケッター、そしてコピーライターなど、その呼び方はどうであれ、自らの知識と技術をお金に変えて仕事をしている人たちのことを指します。

さて、話を元に戻します。

コンサルタントの給料や年収って、どれくらいでしょうか?

世間的には高いイメージがありますが、実情は全く違います。

プロ野球やプロサッカーなどのプロスポーツの世界と一緒で、自らの知識と技術をお金に変えて稼ぐコンサルタントという職業は、2極化が激しい世界です。

つまり、「2割の稼げるコンサルタントが全体の稼ぎの8割を稼ぎ、8割の稼げないコンサルタントが全体の稼ぎの2割を分け合っている」という状況です。

従って、コンサルタントの多くは年収300万円〜400万円に留まり、稼げる人では年収1000万円を超えています。

しかし、怖いのは今、年収1000万円以上稼げている人でも、その状況がずっと続くことが保証されていないことです。

下手をすれば、年収1000万円稼げたのは、たまたまラッキーで、ビッグプロジェクト案件を受注できただけで、その状況に安心して何もしなければ、翌年は年収100万円も稼げないという状況もあり得ます。

僕はこんなコンサルタントをたくさん見てきました。

彼らは儲かっているときは、僕が新しい仕事の話やマーケット開拓に向けた商品開発の話をしても「忙しいから・・・」と見向きもしなかったのに、仕事がなくなり出すと、手の平を返すように、彼らの方から僕に連絡してきます。

僕の仕事のミッションは、コンサルタントに稼ぎ続けてもらうことなので、ご縁のあった人や組織は大切にしようと思うのですが、残念なことに、彼らからお話があった時は、すでにタイミングが遅れてしまっていることが多いです。

タイミングというのは「安定したビジネスの基盤」を作るタイミングです。

「安定したビジネスの基盤」というのは今、忙しかろうが、暇だろうが、何よりも優先して創り上げなければならないものです。

つまり、コンサルタントが年収を2倍にして、その状況を継続させるには、自分の専門分野であるコンサルティングを行うと同時に、「コンサルティング経営」を行わなければなりません。

「コンサルティング経営」といっても何か、とんでもなく難しいことをするわけではありません。

あなたがやるべきことは、以下の「3つの数字」を継続的に増やす「仕組み」を作ることに集中するだけです。

1.新規クライアントを増やす

2.クライアント1人当たりの購入金額を増やす

3.リピート率を増やす

「コンサルティング経営」における活動とはすべて、この3つの数字を向上させることに繋がるものでなくてはなりません。

では、具体的にどのようにして、この「3つの数字」を向上させるのか?

この「3つの数字」を向上させる具体的な方法は、この本の中にすべて書いてあります。

コンサルタント起業成功法則大全 著者:テッド・ニコラス

僕が今、一緒にビジネスを行っている「あるコンサルタント」は、この本に書かれている内容を自分のビジネスに徹底的に応用して、1年で年収を約3倍にすることに成功すると同時に、今でもその状況を持続させています。

もし、あなたが年収を2倍以上にして、その状況を継続させたいと本気で考えているならぜひ、この本を試してみて下さい。

コンサルタント起業成功法則大全 著者:テッド・ニコラス

あなたの年収を2倍以上にするための「大きなきっかけ」、そして「揺るぎない行動指針」となるはずです。

 

追伸(P.S)

 

経営者が何よりも優先して取り組まなければならない仕事は何でしょうか?

それは、マーケティングです。

経営者の本当の仕事とは、マーケティングなのです。

では、どのようにマーケティングを学び、実践すればいいのでしょうか?

マーケティングを学びながら実践するなら、コレ一つで十分です。

ハイパワーマーケティング

*今すぐにダウンロードして、お試しできます。

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)