勉強しすぎて、成功できない!?

世間一般、常識的には勉強することは良いことと言われていますよね。

 

私たちは小さな頃から親や教師に「もっと勉強しろ!」と言われ続けてきました。

そして、会社に入っても上司や同僚に「もっと勉強しろ!」と言われます。

 

でも、勉強することは、本当に仕事で成果を出すことに役立つのでしょうか?

 

恥ずかしい話ですが少しだけ、僕の昔の失敗体験をお話したいと思います。

 

僕の最初の仕事は、ある教育研修系のコンサルティング会社の営業職でした。

 

その当時、僕が上司から常に言われていたことは「勉強しろ!」ということでした。

 

ですので、僕はドラッカーやポーター、そしてコッターなど横文字の「経営の大家」と呼ばれる先生方の本を毎日のように読み漁っていました。

 

そして、当時の僕は勉強すればするほど、営業成績が上がると信じていました。

 

しかし、そんな僕の営業成績は、いつも最下位から数えた方が早いぐらいの位置にいました。

 

なぜ、そんなに一生懸命に勉強しているのに、営業成績が上がらなかったのでしょうか?

 

これは、とても恥ずかしい話なのですが、その原因は単純にお客さんに会っていないことでした。

 

お客さんに頻繁に会って、お客さんの悩み、痛み、問題を知らないと売れるものも売れるわけありませんよね?

 

今から考えると、顔から火が出るほど恥ずかしい体験です。

 

セールスライターでも売れる人は、セールスレターを書くテクニックが優れているのではなく、お客さんの話をよく聞いて、お客さんのことをよく観察している人です。

 

その当時、僕が上司から言われたことが、この言葉でした。

 

「お前はブックスマートだ。しかし、ストリートスマートではない。しばらく、本で勉強するのはやめて、お客さんから勉強しろ」

 

この時の上司の言葉、僕は一生忘れません。

 

それ以来、僕はできる限りお客さんに直接会って、お客さんの問題解決に集中するようになりました。

 

一般的に勉強することは良いことです。

 

しかし、目的や目標につながらない勉強は、いくらやっても成果につながることはありません。

 

勉強は常に、目的・目標を明確にすること。つまり、「何のために勉強するのか?」をはっきりさせてから、勉強するようにしましょう。

 

それから、勉強は受験勉強のように、本や教材だけでやるものではないことも覚えておきましょう。

 

「普段、自分だったら絶対に買わないようなものを買う」「お客さんと一緒に飲みに行く」など、自分の体験の幅を広げることも立派な勉強です。

 

いつの時代においても、実際に行動することは、現実を認識するための最も洗練された方法なのです。

 

追伸

 

圧倒的な行動力を手に入れる方法

成果を出すためには「行動」「実践」が必要ですよね。

ノウハウを学んだり、知っているだけでは意味はありませんから・・・。

とはいえ一口に「行動する」といってもそう簡単には行かないもの。

時間が足りない、、、、
お金が足りない、、、
人が足りない、、、

あるいは、スキルや勉強が足りないと感じることもあるでしょう。

あなたは、忙しいスケジュールの合間にセミナーに出て勉強をしているかもしれません。電車の中で教材のmp3を聞いているかもしれません。

きっとあなたは、勉強熱心でアイディアあふれる人ですよね。実際に行動に移せば、うまくいきそうなアイディアをたくさん持っているでしょう。

でも、時間がなかったりどうしてもやる気が出なかったりと、、、先送りしてしまうことにイライラしているかもしれません。

もしあなたが、そんな悩みを持っているなら「ダン・ケネディの8つのビッグアイディア」が役に立ちます。

これを聞けば、

「どうやって、そんなにたくさんのことができるんですか?」

「いつ、そんなに仕事してるんですか?」

「どこからそのパワーが湧いてくるんですか?」

と、周りの人から驚かれるほど、短い時間で多くのことを達成できるようになるでしょう。

↓↓↓
ダン・ケネディの8つのビッグ・アイディア

8big

 

 

 

もし、この記事の内容が気に入ったらシェアしてね!

副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

いつかお金持ちになりたいあなたへ


崖っぷちのサラリーマンが発見した副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法を公開します。しかも、それをすることで、会社内で出世し、給料と社内外におけるあなたの影響力を増やすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。