思い知らせてやりたいんだ!:ダン・ケネディのビック・アイディア

ダン・ケネディ

こんにちは。コピーライターのHIROです。

今回は、僕のマーケティングとコピーライティングの情報源である
ダン・ケネディの「NoB.S.(屁理屈抜き)マーケティングレター」の中から、

『「思い知らせてやりたい!」という根源的な気持ちを刺激する方法』

についてお話します。

このテーマについて、ダン・ケネディはこのように言っています。

さて、次の「夫は…………笑っていました」の例は、「“ 望む結果が達成される” まで」と
いうパンチラインの入った、ジョン・ケープルズ(伝説的コピーライター)の「私がピアノ
の前に座ったとき、みんなは笑った。でも弾き始めると…」という広告から取ったものです。

この手法は、ほとんどすべての広告媒体において、何世紀にも渡って効果を発揮し
続けるでしょう。なぜなら、背後に「ビッグアイデア」があるからです。

その「ビッグアイデア」とは、「誰でも、疑われたり、冷やかされたり、笑われたりし
た経験はある」ということ。そして誰でも、自分のことを笑ったり、からかったり、疑っ
たりした人に“ そっちが間違えている” と言ってやりたいと思っているんです。

これは人生において繰り返し発生するテーマですね。確かに、必ずしも「威張れる」
感情ではありませんが、誰もがこういう気持ちを抱いているはずです。

映画やドラマを見れば分かるように、「正義の味方」は
最初から「悪」に勝利できるわけではありません。

様々な困難、失敗、挫折を経験しながら成長していき、最後まで
あきらめずに「悪」に立ち向かっていき、最後に勝利するのです。

この「正義の味方」の姿に、私たちは心を動かされます。

僕なんかそうですが、このような物語は見ていて痛快です。

映画やドラマを見ていて、ある程度、先の展開が
読めてしまったとしても、楽しむことができます。

その上、思わず、自分自身を「正義の味方」に投影して、
「がんばれ!」と応援したくなってしまいます。

ダン・ケネディが言うように、誰もが「思い知らせてやりたい!」
という気持ちを抱いているものです。

水戸黄門などの番組が何年経っても廃れないのも、
人々のこのような感情を満たしてくれるからです。

コピーライティングの役割は、人の理屈に
訴えるのではなく、感情に訴えることです。

ぜひ、あなたのセールスレターにも活用してみてください。

効果は抜群です。

P.S

「世界最高のダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の情報源」にアクセスする方法はこちら

もし、この記事の内容が気に入ったらシェアしてね!

副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

いつかお金持ちになりたいあなたへ


崖っぷちのサラリーマンが発見した副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法を公開します。しかも、それをすることで、会社内で出世し、給料と社内外におけるあなたの影響力を増やすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。