「商品の4つの提供方法」とは?

商品

こんにちは。ヒロです。

今回は、

 

「商品の4つの提供方法」

 

についてお話します。

 

世の中には、多種多様な商品がありますよね。

 

でも、世の中で売られているあらゆる商品には、これから紹介する「たった4つの提供方法」しかありません。

 

世の中で売られているすべての商品は「この4つの提供方法」か、「この4つの提供方法の組み合せ」で成り立っているのです。

 

それでは、ひとつひとつ解説していきます。

 

1、「物」を売る

 

「物を売る」とは、「形のある物」を売るということです。

 

試しに、あなたの家の中にある物を思い浮かべてみてください。

 

テレビ、机、ベッド、ソファ、エアコン、時計、服、家、掃除機、洗濯機、椅子、冷蔵庫、電子レンジ、食器洗い洗浄機、絨毯、パソコン、プリンタ・・・。

 

など挙げればきりがありませんね。

 

ここで言う「物」とは、ネットショッピングでは、

 

アマゾン

http://www.amazon.co.jp/

 

楽天

http://www.rakuten.co.jp/

 

などで入手できる物理的なモノを意味します。

 

2、「代行サービス」を売る

 

「代行サービスを売る」とは、

 

「顧客の代わりに何かをやって、その対価を受け取ること」

 

ということです。

 

私たちの身近なサービスを考えてみても、ベビーシッター、保育、宅配、ホームページ作成、クリーニング、引っ越し、ビル清掃、介護、病院、家事、外食、運送、美容院・・・。

 

など、たくさんの代行サービスを挙げることができると思います。

 

3、「場」を売る

 

「場」を売るとは、

 

「その場所を提供する代わりに、対価を受け取ること」

 

ことです。

 

私たちの身近なサービスで考えてみると、

 

駐車場、就職サイト、インターネット広告、貸しオフィス、インターネットサーバー、セミナールーム、遊園地、動物園、カラオケボックス、賃貸物件、フィットネスクラブ・・・。

 

などが思い浮かびます。

 

4、「知識と経験」を売る

 

「知識と経験」を売るとは、

 

「顧客に何かを教える代わりに、対価を受け取ること」

 

ということです。

 

私たちの身近な例で考えてみると、

 

学校、各種セミナー、各種教室、各種レッスン、通信講座、各種コンサルティング、CD・DVD教材、書籍、講演会、情報商材・・・。

 

などが挙げられます。

 

以上のように、私たちの扱う商品は、

 

1、「物」として売る

 

2、「代行サービス」として売る

 

3、「場」として売る

 

4、「知識・経験」として売る

 

というように、4つの提供方法があるのです。

 

あなたはこの「商品の4つの提供方法」を知ることによって、ビジネスの発想を大きく広げることができます。

 

たとえ今、あなたが「1つの商品」しか持っていなくとも、様々な「売り方」をすることができます。

 

例えば、あなたが町のカメラ店でカメラを売っているのであれば、

 

1、「物」を売る

 

例)

カメラとその付属品を売る

 

2、「代行サービス」を売る

 

例)

運動会で親御さんの代わりに、プロが子どもの写真を撮る

 

3、「場」を売る

 

例)

良いカメラの選び方、上手な撮影の仕方に関するメルマガを開設して、多くの読者を獲得し、メルマガ広告枠を売る

 

4、知識・経験を売る

 

例)

カメラ教室を始める

 

というように、あなたの商品・サービスの様々な売り方、そして顧客への届け方があることに気づけるようになります。

 

 

もし、この記事の内容が気に入ったらシェアしてね!

副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

いつかお金持ちになりたいあなたへ


崖っぷちのサラリーマンが発見した副業からセールスライターを始めて、会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法を公開します。しかも、それをすることで、会社内で出世し、給料と社内外におけるあなたの影響力を増やすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。