「カタカナ言葉」に要注意!

ダイレクトレスポンスマーケティング
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

毎日、仕事をしていると何かと、

 

「マーケティング」

 

という言葉を耳にする機会は多いと思います。

 

例えば、A社の社長が、

 

「我が社はもっとマーケティングを強化しなければならない」

 

と言ったとします。

 

あなたがこの会社の社員だったら、社長は具体的に何を強化しろと言っているのか理解することができるでしょうか?

 

この社長の言葉を聞いて、Bさんは「もっと広告を出さなければならない」と考えるかもしれません。

 

Cさんは、「もっと営業担当者のトークスキルを上げなければならない」と考えるかもしれません。

 

Dさんは、「もっと市場調査をしなければならない」と考えるかもしれません。

 

このように、マーケティング、マネジメント、セールス、ストラテジー、タスク、フロントエンド、バックエンド、コンバージョン、インプレッション、システム、プロモーションといったカタカナ語は人によって、全然違うイメージを頭の中に思い浮かべてしまう危険性があります。

 

ですのでもし、あなたが、このようなカタカナ言葉を使うときは、しっかりと言葉の定義をはっきりさせてから使うようにしましょう。

 

ちなみに、僕にとってのマーケティングとは、単純に、正しいメッセージを正しい人々に、正しい方法で伝えることです。

 

このように言葉をしっかりと定義することで、その後の会話では、

 

「正しいメッセージって何?」

「正しい人々って誰?」

「正しい方法ってどんな方法?」

 

という感じで、話の内容をドンドン深めていくことができるようになるのです。

 

こんなふうに、自分が使う言葉の意味をちょっとでも深く考えて、言葉の意味をはっきりさせるだけで、あなたの考える力は飛躍的に高まり、周囲からもできる人として、一目置かれる存在になることができるようになるでしょう。

 

ぜひ、あなたも今から試してみてください。

 

追伸

なぜ必死に働けば働くほど忙しくなるのか?
全世界100万人の起業家が読んだ伝説のレポートがその答えを公開
http://directlink.jp/tracking/af/891201/FhWys9lP/

 

 

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)