これが、顧客をスムーズに獲得するための7つの手順です。

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

ビジネスを行うにおいて、最も重要なこととは何でしょうか?

 

それは、

 

「顧客獲得をいかにスムーズに行えるか」

 

ということです。

 

当然の話ですが、顧客がいなければ、ビジネスは潰れてしまいます。

 

どんなに素晴らしい商品・サービスを持っていたとしても、お客さんがいなければ、それは商品・サービスがないのと同じです。

 

また、どんな商品・サービスもお客さんに使ってもらうまで、本当に良い商品・サービスなのかは分かりません。

 

良い商品・サービスかどうかは、お客さんに使ってもらってはじめて分かることなのです。

 

また、商品・サービスを使ってもらわなければ、そもそも商品・サービスの改善点が分からず、商品・サービスを進化させることすらできません。

 

だからこそ、ビジネスにおいては何よりも

 

「顧客獲得をいかにスムーズに行えるか」

 

が最も大事なのです。

 

もし、あなたがハンバーガー店をオープンするとして、1つだけアドバンテージをもらえるとしたら、何を選びますか?

 

人通りの多い立地でしょうか?

 

最高の食材でしょうか?

 

優種な人材でしょうか?

 

どれも魅力的ですが、開店したばかりのあなたに一番必要なものは、飢えたお客の集団です。

 

あなたはまず、飢えたお客の集団がどこにいるのかを探し当てなければなりません

 

では、どうすれば、そんなお客の集団を発見し、顧客獲得をスムーズに行うことができるのか?

 

お金をかければテレビ、雑誌、新聞、ラジオなどのメディアに広告を出すことは可能ですが、お金がそれほどかからず、効果の高い方法があります。

 

それは、Eメール・マーケティングにセールスライティングのテクニックを使った方法です。

 

この方法は順番に示すと、以下の7ステップになります。

 

1.インターネット上で、商品・サービスを買ってくれそうな顧客が検索しているキーワードを調べ

2.その中から一定以上のボリュームがあり、SEO対策が比較的易しいキーワードに特化したセールスコピーを使って、マーケティング・サイトを構築する

3.さらに、無料レポート配信を行って、ターゲットとする見込み客のメールアドレス取得に注力する

4.その後、集まったメールアドレスに対して、複数回の自動配信のEメールマーケティングを用いて、見込み客を顧客へと育てていく

5.立ち上がりはサイトへのアクセスが全くない状態なので、リスティング広告(PPC広告)を使って、アクセスを伸ばすし、商品・サービスを販売する

6.そして、サイト立ち上げ後、数ヶ月でSEO対策により、検索結果が上位表示されるようになったら、リスティング広告(PPC広告)の費用対効果をしっかりと見極めて、売り上げの一部を広告に投資して、ビジネスを拡大していく

7. 1~6のサイクルの中で、商品・サービスの改善を繰り返すだけでなく、顧客のウォンツ(欲しい)にマッチした新商品・サービスを開発する

 

あれこれと手を出さずに、この7つのサイクルを徹底的に行ってください。

 

そうすれば、あなたは顧客の獲得に困ることはなくなり、安心してビジネスに取り組むことができるようになるでしょう。

 

 

追伸

 

この7つのステップを回すためには、セールスライティングの知識とスキルが不可欠です。

↓↓↓

ウェブセールスライティング習得ハンドブック

 

 

 

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら



【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

もっと稼ぎたいけど、どうしたらいいか分からないサラリーマンへ

サラリーマンを続けながら「ウェブ・セールスライター」として活動している凡人の男が「副業からセールスライターを始めて、1年以内に会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法」を教えます。



副業からセールスライターを始めて、1年以内に会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法


こんな少ない稼ぎで、生活するのはもうウンザリでした。


それから、この先「私が昇進・昇格して給料が上がる見込み」も「会社の業績が上向く見込み」も薄いことはハッキリと分かっていました。


また、それ以上に、会社の言うままに「これで本当にいいのだろうか・・・」と疑いを持ちながら仕事をするのが耐えきれませんでした(もっと私には可能性があるはず。何かに挑戦したい!)


だから私は、このビジネスを始めたのです、、、


返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)