”コピーライター”とはどんな職業なのか?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

こんにちは。コピーライターのヒロです。

今回は、

「”コピーライター”とはどんな職業なのか?」

についてお話します。

 

広告の世界では、広告やコマーシャルにおいて販促メッセージを伝えるために使う言葉を”広告コピー”といいます。

そして、これらの言葉を書く人のことを”コピーライター”といいます。

同じように、”ウェブ・コピー”という言葉がありますが”ウェブ・コピー”とは、ウェブサイト上で販促メッセージを伝えるために使用される言葉のことをいいます。

そして、これを書く人のことを”ウェブ・コピーライター”といいます。

コピーライティングはよく錬金術にたとえられます。

例えば、「見出し」に使う言葉の選択一つで、売上げが2倍になったり、逆に1/2になったりするのです。

売っている商品は何も変わっていないにも関わらず、本当に言葉の選択一つで、得られる収益が変わるのです。

しかも、インターネットはわずかな費用で日本全国の人たちにメッセージを発信することができるメディアなので、個人であっても、最小のコストで稼ぐことが可能になります。

残念ながら、日本ではまだまだ、”コピーライター”、”ウェブ・コピーライター”は職業として、あまり認知されていません。

しかし、実は、”コピーライター”、”ウェブ・コピーライター”という職業は、最も稼げる職業であるにも関わらず、まだまだ、それができる人材が不足している職業なのです。

なぜなら、多くの企業や個人事業主の最大の悩みとは、継続的に売り上げ、利益を確保し続けることだからです。

彼らにとっては、売り上げを上げ、利益を確保するためのスキルを身に着け、彼らのビジネスに繁栄と安定をもたらしてくれる”コピーライター”、”ウェブ・コピーライター”は救世主のような存在です。従って、”コピーライター”、”ウェブ・コピーライター”は高い収入を得られるだけでなく、多くの人々に尊敬される誇り高い職業でもあるのです。

<オススメ>

↓↓↓

コピーライティング・スキルをリスクなく、
副業から始めて、身に着ける

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)