セールスポイントから目をそらすな!

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

セールスレターを書くときは常に、セールスポイントから外れないように注意をしましょう。

 

セールスポイントとは、セールスレターの読み手が商品・サービスを買いたいと思う理由のことです。

 

例えば、あなたがカレーを食べたいと思ったとき、どんな宣伝文句に心惹かれますか?

 

単純に、

 

  • 美味しい
  • スパイシー
  • 安い

 

みたいな宣伝文句だったら弱いですよね。

 

では、こういう宣伝文句だったらどうでしょうか?

 

  • 大きめの野菜がゴロゴロ入っていて、野菜がいっぱい食べれる野菜カレー
  • 高級ホテルのシェフのレシピで作られたカレーです。家庭でも気軽にプロの味が楽しめます。
  • お寿司屋さんのカレーは、御飯の美味しさが違う!

 

どれもセールスポイントが明確で、自分が食べたいカレーを選ぶための理由がハッキリしてますよね。

 

このようにセールスレターを書くときには常に、「セールスポイント=読み手が買いたいと思う理由」を明確にすることを忘れないようにしましょう。

 

セールスレターを書くときは 、その前にセールスポイントをリストアップしていきましょう。そして、それらを 、論理的に考えて説得力が増すよう順序よく並べます。あとはそのままの順番でセールスレターに盛り込んで 、書いていけばいいだけです。

 

セールスポイントを明確にすることができれば、あとは簡単です。

 

まず 、見出しでこちら側の約束 (セ ールスポイント )を伝えてください。次に 、その約束がどのようにして果たされるかを説明し 、証拠を提示して 、その商品がまったくコピ ーの謳い文句どおりであることを示していきます。そして最後に、商品の注文方法を書いて 、価格と価値が釣り合うことを説明してください。

 

細かなテクニックにばかり心を奪われていては、売れるセールスレターはいつまでたっても、どんなに一生懸命に勉強しても書けるようになりません。

 

セールスポイントを明確にすること。

 

プロの料理人が食材そのものの味を引き出すように、プロのセールスライターも商品そのもののセールスポイントを見つけることによって、商品の魅力を最大限に際立たせるのです。

 

追伸

 

「商品を作ることのプロ」はたくさん存在しますが、「商品を売ることのプロ」はなかなかいません。これから求められる人材は、商品を売ることができるプロなのです。

 

<10年後消える仕事…>
オックスフォード大学や統計データから予測!

↓↓↓
10年後食えなくなる仕事を無料ビデオで公開

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)