セールスライターとセルフイメージ

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

自分が初心者で、自分にどんなに自信がなくても、お金をもらって仕事をする以上、あなたはプロです。ですので、自信を持って仕事をする責任があります。

 

「そんなこと言われても自信なんて、すぐに持てるわけないでしょ」

 

もしかしたら、あなたはそう思うかもしれません。でも実は、簡単に自信を持つ方法があるんです。
あなたは、「セルフイメージ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

セルフイメージとは、「自分自身に対する自分の意見」のことです。つまり、「自分のことを自分でどのように思っているか」ということです。

 

例えば、僕でいえば、仕事ではプロのセールスレターというイメージを持っていて、家庭では頼れる夫というセルフイメージを持っています。

 

このセルフイメージは、とても重要です。仕事や人生の質を決定するほど、重要だといっても言い過ぎではないくらいに重要です。

 

なぜなら、「自分のことを自分でどう思うか」、つまりセルフイメージ次第で、自分の考え方や行動、感情、習慣、発言が変わってきてしまうからです。

 

例えば、僕はかつて、人前でしゃべることが大の苦手でした。人前に立つと、心臓がバクバクして、頭の中が真っ白になってしまうのです。僕は自分のことをいつも「人前でしゃべるのが苦手な人間だ」と考えていました。

 

でも、ある日、上司から、あるイベントの司会をやってくれと言われてしまいました。仕事なので断るわけにもいかず、僕は開き直って「自分は人前でしゃべるのが得意な人間だ」と考え、この仕事を引き受けました。

 

いったん開き直ってしまうと不思議なもので、自然と「人前しゃべるのが得意な人間」のように振る舞えるようになり、以前に感じていた人前でしゃべることへの恐怖心や不安感が和らいでいくのを感じることができました。

 

その結果、なんとか僕はイベントの司会の仕事をこなすことができました。セルフイメージという言葉を知ったのはこの経験の後になりますが、今思えば、「人はセルフイメージに合わせて自然に行動するようにできている」ということを実体験した瞬間でした。
そこで、あなたのセルフイメージを「自分はセールスライティングの初心者だ」というものから、「自分はプロのセールスライターだ」「自分はセールスコピーを書くのが得意だ」というセルフイメージにぜひ、変えていってほしいのです。

 

この時に、セールスライターという肩書を付けた名刺を作ることもお勧めです。なぜなら、名刺こそ、セルフイメージの象徴だからです。

 

どうしても「自分は初心者だ」と思っていると、自分の行動が甘くなります。例えば、空き時間ができたら漫画やゲームをしてしまうかもしれません。でも、「自分はプロだ」と思っていれば、その時間にはセールスライティングの勉強をしようと思うでしょう。

 

つまり、「自分はプロのセールスライターだ」と思っていれば、読む本も変わりますし、考え方も変わります。考え方が変われば、行動も習慣も発言も変わります。当然、謙遜でも「自分は初心者なので・・・」なんて言わなくなります。逆に、プロなのに、こんなことをできなくてはダメだ、と自分自身を律することができるようになってきます。

 

プロのセールスライターの1日を思い浮かべてください。プロのセールスライターであれば何時に起きて、何時から仕事を始めるでしょうか?リサーチをする、ブログを更新する、セールスレターを書くなど、どんな予定を立てるでしょうか?クライアントや仕事仲間とは、どんな会話をするでしょうか?そして、何時に仕事を終えるでしょうか?

 

自分のできるところからでいいので、自分自身の考え方と行動を少しずつでも変えていってみてください。自信というものは、どんなに小さなことであっても、できることの積み重ねから生まれてくるのですから。
追伸

 

「なんとか自分を変えたい」

 

と思っても、いつもうまく行かない人へ「自分を不幸にしない13の習慣=自分のセルフイメージを変える方法」を教えます。
↓↓↓
http://directlink.jp/tracking/af/950129/fGFLucGf/

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)