セールスライターにとって必要な習慣とは?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

セールスライターにとって最も大事な習慣とは、なんでしょうか?

 

それは自分や自分のクライアントが扱う商品・サービス、顧客、マーケットに関する様々な知識・情報をインプットすることです。

 

どんなに腕の良い料理人でも、食材がなければ料理することができないように、セールスライターも素材となる知識・情報がなければ、セールスレターを書くことができません。

 

知識・情報をインプットすることをインフォメーションと言います。インフォメーションとは、自分の外側から情報を取り入れて、自分の内側に新たな認識を形作ることです。

 

例えば、売上を上げるためにあくせく働いている人が、

 

「売上を増やすにはたくさん働くのではなく、いかに働かないかを考えて仕組みを作ることが大事だ」

 

という知識・情報を取り入れたとしたら、その人の中で、考え方が変わるかもしれません。

 

しかし、インフォメーションでは現実は1ミリも変わりません。自分の中の知識・情報を外に出していく必要があります。

 

知識・情報を出すことをアウトフォメーションと言います。

 

アウトフォメーションとは、自分の内側で形作られた認識を自分の外側に出していくことにより、新たな現実を外側に生み出すことです。

 

例えば、作家が本を出版することは、自分の心の内側の認識や考え方を世の中に問う行為です。

 

セールスライターにとって大事なことは、質の高い知識・情報を取り入れて、質の高いインフォメーション、つまり、質の高い認識・考え方を自分の内側に作り出すことです。

 

 

それから、それ以上に質の高い知識・情報を外側に出していくことで、世の中のために役立つ成果・結果を生み出していくことにあります。

 

 

最初から質の高いインプットとアウトプットをすることは誰だって難しいので、まずは量を求めて行きましょう。

 

 

量を重ねるうちに、自分に何が必要で、何が必要でないのかが自然と判断できるようになるでしょう。

 

JUST DO IT !

 

 

いつだって最高の結果は、最高の思考だけではなく、最高の行動、そして行動の積み重ねである習慣によってもたらされるものです。

 

つまり、行動することこそが、現実を認識するための最高の方法なのです。

 

追伸
ダン・ケネディの8つのビッグ・アイディア

 

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)