こんにちは。HIROです。

 

「セールスライターとは、タイプライターを前にしたセールス担当者である」

 

この言葉は、セールスライティングの本質を最もシンプルに、そして、力強く表しています。

 

この言葉は、だいぶ前に言われた言葉なので、今風に言えば、

 

「セールスライターとは、パソコンを前にしたセールス担当者である」

 

と言い換えることができます。

 

セールスライターとして犯してしまうの最大の過ちは、広告を素人と同じ目で判断してしまうことです。

 

そんなことをしてしまえば、その人はもはやセールス担当者ではなく、アーティストかエンターテイナーになってしまいます。

 

つまり、クライアントの時間とお金をドブに捨てることになってしまう恐れがあるのです。

 

クライアントが「パソコンを前にしたセールス担当者であるあなた」に期待することは何か?

 

それは、人々を楽しませることではありません。

 

人々を感動させることでもありません。

 

クライアントがあなたに期待することは、自社の商品・サービスを売ることです。

 

つまり、プロのセールスライターであるあなたが書く広告の目的は「商品・サービスを売ること」、この1点にあるのです。

 

追伸

 

セールスライティングを学び始めるのなら、これがオススメです。

↓↓↓

 

おすすめの記事