ダン・ケネディのビックアイディア:顧客を選べ!

ダン・ケネディ
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

こんにちは。コピーライターのHIROです。

今回は、僕のマーケティングとコピーライティングの情報源である
ダン・ケネディの「NoB.S.(屁理屈抜き)マーケティングレター」の中から、

「顧客を選べ!」

についてお話します。

このテーマについて、ダン・ケネディはこのように言っています。

私は「ほとんどの実業家が作り出し守ることができる唯一本物の、100%本物の正味資産は、価値があり利益になる顧客とよい関係を築き、彼らを”所有”することで得られる」と教えています。

たから、単に獲得できる顧客を誰でもいいから獲得しようとしたり、苦労を最小限にしたり、または一番安い先行投資で獲得しようとするのは、無知の人のやることです。

新規顧客獲得に全力を傾けるときには、それらの顧客にどんな価値や質があるのかについて、じっくり考える必要があります。

僕もビジネスを立ち上げて間もない頃は、どんな顧客でも選ばずに付き合っていました。

しかし、ビジネスが大きくなるにつれて、状況が変わってきました。

「無理な値引きを要求する顧客」、「真剣さに欠ける顧客」、「クレームが多い顧客」への
対応にかかるコスト(労力、時間、お金)が事業を圧迫し始めたのです。

そこで、ダン・ケネディのアドバイスに従って、思い切って、

「顧客から選ばれるのではなく、こちらから顧客を選ぶ」

という考え方に切り替えて、顧客を見定めていきました。

自分たちが付き合う顧客の基準を

「共に成功・成長できるか?」

という1点に絞り込んで、顧客を選んでいった結果、面白い現象が起こりました。

「無理な値引きを要求してきた顧客」は、

「お願いだから売ってくれ」と言うようになりました。

「真剣さにかける顧客」は、僕たちのアドバイスを真剣に実践するようになりました。

「クレームの多い顧客」は、僕たちの元を去っていきました。

結果、売り上げ・利益は2倍以上になりました。

常識的には、僕たちは「顧客に選ばれること」を常に考えていますが、
これだけでは、大きく儲かりません。

「顧客を選ぶ」という考え方を持ち、実践することで、
あなたのビジネスは大きく変革するでしょう。

ぜひ、あなたも実践してみてください。

P.S

「世界最高のダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の情報源」にアクセスする方法はこちら

 

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)