ダン・ケネディのビッグアイディア:ニュースを使え!

ダン・ケネディ
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

こんにちは。コピーライターのHIROです。

今回は、僕のマーケティングとコピーライティングの情報源である
ダン・ケネディの「NoB.S.(屁理屈抜き)マーケティングレター」の中から、

「ニュースを使え!」

についてお話します。

このことについて、ダン・ケネディはこのように言っています。

ニュースを使って利益を上げるというのは、大変重要なマーケティング戦略です。

自分の宣伝のネタになりそうなニュースや、顧客や見込み客が興味を持ちそうなニュース。こうした情報に接することなく、1日を過ごすなんて滅多にないでしょう。まぁ、1日は大げさかもしれません。でも、1 週間の間には、必ずそんなニュースを何かしら目にするはずです。

私の場合、どの街の新聞であっても、どんな雑誌であっても、読めば必ず、自分のプライベートクライアントに急いで見せるためにページを破りたくなる記事を見つけます。

マーケティングや広告に「ニュースを使った宣伝アプローチ」を使っていないなら、本当に愚かで怠慢ですし、実にもったいないことですよ。

これを読んでいるほとんどの人は、顧客や見込み客に対して、毎日E メールを送るか、毎週ファクスを送るか、(少なくとも)月に1 回郵便でレターを送るかしていると思います。ということは、すでにメディアを使っているのです。これこそが顧客との関係を強化する方法です。

ニュースには賞味期限があります。

ワールドカップやオリンピックなど、世界中が注目する話題であっても、
その話題がずっと続くことはありません。

ニュースをマーケティングに活かすコツは、そのニュースと自分の商品と
を結びつけて、ニュースの賞味期限が切れないうちに、顧客に情報発信
することです。

キーワードは、

「タイムリーに、関連性のあるものを」

です。

いつまでも待っていたら、チャンスは逃げてしまいますよ。

自分の顧客に関連のあるニュースは、タイムリーに発信していきましょう。

P.S

「世界最高のダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の情報源」にアクセスする方法はこちら

 

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)