マーケティングにおいて「最も熾烈な戦い」とは?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

マーケティングにおいて「最も熾烈な戦い」は何だと思いますか?

 

それは、見込み客の注目を集めることです。

 

見込み客の注目を集める活動は、既存客の注目を集めるよりも10倍難しいことです。

 

なぜなら、あなたには「いつも、顧客の心の中で始まっている会話に自然と入っていくこと」が求められるからです。顧客の邪魔をすれば嫌われてしまうだけです。あくまでも自然に、顧客の心の中の会話に入っていく必要があります。

 

 

それができるか、できないかで、あなたは邪魔くさい害虫と見なされるか、生涯の大切な友人と見なされるかが分かれてしまうのです。

 

 

これは多くの営業担当者に言えることですが、見込み客を獲得する活動が難しいからって、既存客に時間を使うことに逃げないでください。

 

 

既存客に使う時間以上に、あなたは見込み客にも時間を使わなければなりません。

 

なぜなら、見込み客が入って来なくなれば、あなたのビジネスは今は良くても、いつかは干上がってしまうからです。

 

見込み客を獲得することは大変かもしれませんが、あなたは見込み客を獲得するための活動をやり続けなればなりません。

 

既存客を大事にすることはもちろん不可欠なことですが、それにあぐらをかいていては、あなたのビジネスはいつか潰れてしまうでしょう。

 

厳しいですが、それが現実です。

 

さあ、今、この瞬間からでも、あなたの既存客だけでなく見込み客にも目を向けていきましょう。

 

見込み客に目を向けた瞬間、あなたの周りには、数々の未利用のチャンスが溢れていることに、あなたは驚くことでしょう。

 

追伸

 

見込み客を獲得する活動を学ぶなれコレが一番です。

↓↓↓

ダン・ケネディが教える小さな会社のためのマーケティング入門

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)