一生使える「最高の学び」とは?

ビジネスの心得
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

こんにちは。コピーライターのHIROです。

今回は、

一生使える「最高の学び」

についてお話します。

世の中には、本当にたくさんの「成功法則」や「方法論」がありますよね。

無料レポートの書き方、PPC広告の打ち方、SEO対策、メルマガ広告、サイトアフィリ、

ツイッターで稼ぐ方法、Facebook活用術、アメブロ集客法、You tube活用法

最強のアフィリエイト、情報起業術、せどりで稼ぐ方法、輸入ビジネス、ネットオークション

などなど、挙げればキリがないくらいに出てきます。

でも、これらのひとつひとつを学んでいたら、時間がいくらあっても足りませんよね。そもそも、たくさんの「成功法則」や「方法論」を学べば、本当に「成果」が出るのでしょうか?

答えはNOです。

僕が考える「成果」を出すための公式は単純です。

成果=能力×方法論

つまり、「成果」というのは「能力」と「方法論」の掛け算で決まるということです。

たったこれだけです。シンプルでしょ?

僕が定義する「人間の能力」は、

情熱、知識、経験、技術、感性、魅力、時間、労力、人間的成長など自分自身の持つ力のすべてが統合されたもの

のことです。

それから、僕が定義する「方法論」というものは、

技術や時代と共に、流行っては廃れていくもの

のことです。

ここで、あなたにお尋ねします。

「能力」と「方法論」

このどちらに自分の貴重な「時間」と「お金」と「労力」を投資したら、最大限の「成果」を出すことができるでしょうか?

多くの人は「方法論」に心を奪われ、多くの「時間」と「お金」と「労力」を「方法論」に投資します。

しかし、これは間違った選択です。考えてみてください。

仮に、今のあなたの「能力」が10だとして、5の「方法論」を一生懸命に学んだとしたら、あなたが出すことのできる「成果」は50になります。

しかし、

「方法論」というものは時代と共に、常に変化をするという運命にあります。

ですので、一生懸命に学んだ「方法論」でもいつかは使えなくなります。たとえば、使える「方法論」は5から1になってしまうかもしれません。

そうなると、あなたの「能力」が10のままだとしたら、1の「方法論」で出せる「成果」は10に下がってしまいます。

では、「能力」に投資して、あなたの「能力」を50に伸ばすことができたらどうなるでしょうか?

たった1つの「方法論」を学ぶだけで、50の「成果」を出すことができます。2つの「方法論」を学べば、100の「成果」が出ます。

「能力」というものは「方法論」とは違って、向上すればするほど、自分の中に蓄積されて、簡単には失われないものになります。一度、「能力」を身に着けてしまえば、そんなにたくさんの「方法論」に依存する必要がなくなってしまうのです。

このように、長期的に「成果」を上げ続けるためには「能力」を上げた方が効果的なのです。つまり、僕があなたに一番伝えたいことは、

様々な「方法論」を追いかけるのではなく、自分自身の「能力」を上げることに集中した方が簡単に「成果」を出すことができる

ということです。

1を聞いて10を知る

という言葉がありますが、これは10の「能力」のある人だからできることです。自分に1の「能力」しかなければ、1しか理解できませんし、0.5の「能力」しかなければ、1すらも理解することができません。

目先の方法論に心を奪われずに、自分の「能力そのもの」を高めることに集中してください。

その姿勢こそが、あなたが一生使える「最高の学び」を手に入れることができる大きな鍵となるのです。

メチャクチャ当たり前のことを言いますが、何においても成功するために絶対に必要なことは、自分を自ら成長させ続けることです。それ以外にはありません。

どうか巷に溢れている「努力しなくても成功できる系」の話には惑わされないでください。もちろん、こんなもので成功できないことは当然ですが、何よりも有害なことは束の間の夢と引き換えに、あなたの貴重な時間が浪費されてしまうということです。信頼性ゼロの甘い誘惑には気を付けてください。人生の時間は戻ってきません。どうか現実をしっかりと見据えてください。厳しいですが、現実を真正面からとらえられない人にビジネスはできませんので。

キャヴェット・ロバート(セールスコンサルタント)という人が、「プロにとって学校は一生続くもの」と言っています。本物のプロは決して勉強をやめません。むしろ、その勉強の領域を広げていきます。それから、プロは市場によって学校に連れ戻されます。勉強を続けなければ、プロとしてやっていけないからです。

自分の能力開発に責任を持てるのは、自分しかいませんので。

 

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)