今、必要なことを学んで実践しよう!

36 ビュー

大小関わらず、あなたが何かを学ぶと決めたとき、あなたは「学ぶべき対象」をどんな基準で決めていますか?

 

多くの人は無意識的に、色々なことを学んでいます。例えば、「マイナンバー制度が始まっからマイナンバー制度を学ぼう!」というように、、、。

 

もし、あなたが学びから最大限の効果を得たいと思ったのなら、もう少し注意深く、自分が学ぶべき対象について意識をする必要があります。

 

学びには、2つの状況があることをあなたは知っているでしょうか?

 

1つは、「just in case(万が一にそなえて)」で学ぶことです。

 

これは例えば、防災に関する知識の学習が当てはまります。防災に関する知識はすぐに使う必要はないけれど、万が一の時に備えて学ぶものです。

 

もう1つは、「just in time(ちょうどよいタイミング)」で学ぶことです。

 

これは例えば、1週間後にお客さんに対する大切なプレゼンテーションが迫っているので、プレゼンテーションについて学ぼうとする場合です。

 

さて、「just in case(万が一にそなえて)」と「just in time(ちょうどよいタイミング)」、どちらの学習効果が高いと思いますか?

 

学習効果が高いのは、「just in time(ちょうどよいタイミング)」で学ぶときです。

 

なぜなら、すぐに実践する場があるからです。知識は実際に使ってみなければ、生きたものになりません。つまり、知識は実践とワンセットで考えるべきものなのです。

 

だからといって、「just in case(万が一にそなえて)」の学習が悪いというわけではありません。「just in case(万が一にそなえて)」の学習はボクシングでいえば、ジャブパンチのようなもので、後々になって効いてくるものです。

 

大切なことは、「just in case(万が一にそなえて)」、「just in time(ちょうどよいタイミング)」、自分が今、どの学習をしているのかを自分自身で意識して、把握しておくことです。

 

この意識をもつだけで、あなたは、毎日のひとつひとつの行動の中で得られる成果をさらに大きくすることができるようになるでしょう。

 

追伸

 

思っているだけで、なかなか行動できない・・・。

もっと行動力を身につけたい・・・。

大量行動を身につけたいと本気で考えているのなら、これがお勧めです。

↓↓↓

ダン・ケネディの8つのビッグ・アイディア

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲

なぜ、サラリーマンとして一生懸命働けば働くほど、稼げなくなってしまうのか?

このレポートの中に「ある事実」を知ったら、あなたはきっと驚き、正気ではいられなくなってしまうでしょう・・・。

【警告!】現状のサラリーマン生活に満足している人は決して見ないでください。あなたにとって不都合な会社の現実、本音を知ることになってしまいます。

このレポートは「サラリーマンとして働きながらも、セールスライターとして会社の給料以外に月々30万円以上を稼ぐ方法」について書かれたものです。

このレポートは特に、 「今、サラリーマンとして働いている。毎日、一生懸命に働いて残業もしている。でも、その割には収入が伸びず、自分や自分の家族の将来に不安を持っている・・・」 という状況の人が、現状を大きく変えていくためのきっかけとなるものです。

このレポートの中では、誰も言おうとしない会社の現実、本音を暴き出しています。まずは現実を知るところからスタートしてください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)