今、悔しい思いをしていたとしても・・・

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

今、あなたは、あなたが理想とする仕事をしているでしょうか?

また、その仕事の貢献に見合った収入を得ているでしょうか?

 

もしかしたらあなたは、不本意な状態にいて、悔しい思いをしているのかもしれません。

 

最近、僕が読んだ本の中のある一節が僕の目に留まりました。

 

その一節とは、

 

地位を得る前に偉大になれないような人は、その地位を得たあとでも偉大になれない

 

何をするときにも全力を傾け、それをやりとげるまではけっして気を抜かない。そうすれば、まず間違いなく偉大な人物になれる

 

これは、元アメリカ大統領のリンカーンを偉大な人物にした、たったひとつのルールだそうです。

 

 

僕は特に、偉大になりたいと思って仕事をしているわけではありませんが、この言葉には、なぜか深く考えさせられるものがありました。

 

僕たちの仕事のひとつひとつには、社会や会社から様々な評価を下されます。その評価のひとつひとつに喜び、悲しみ、ときには落胆するほど打ちのめされてしまうこともあると思います。

 

この言葉は僕に、毎日の忙しさに追われていた日常の中でふと立ち止まり、自分自身の人生の目的や仕事の価値観を思い出すきっかけを与えてくれました。

 

これを読んでくれたあなたも、何かを感じてくれたらうれしく思います。

 

追伸

「なんとか自分を変えたい」

 

と思っても、いつもうまく行かない人へ自分を不幸にしない13の習慣を教えます。
↓↓↓
http://directlink.jp/tracking/af/950129/fGFLucGf/

 

 

 

 

 

 

 

 

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)