他に「断る営業法」を試してみたい人はいませんか?

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

今回は、あなたに、お客さんに「買ってください」とお願いするのではなく、お客さんの方から「売ってください」と言わせてしまう営業法についてお話します。

 

その名も「断る営業法」です。

 

あなたは営業が好きですか?

 

Noと言っているお客さんや商品に興味のないお客さんを説得するのは、大変な仕事ですよね。

 

できれば、やりたくないですよね。

 

これからお話しする営業方法は、そんなことしなくていいんです。

 

僕がこの「断る営業法」を初めて試した時、正直、腰が抜けるかと思うほど、ぶったまげました。

 

それは、ある研修サービスを売るために、大手製薬会社の人事部長と商談している時でした。

 

商談を始めるや否や、人事部長は研修サービスを批判し出しました。

 

いかに「研修というものが意味がないものなのか」ついて、熱弁をふるいはじめました。

 

いつもの僕だったら、

 

「いやいや、そうじゃないですよ。研修というのは、素晴らしい効果がありますよ」

 

という感じて、トークしていたでしょう。

 

でも、その時は、人事部長の話が終わるまで、黙ってうなずいていました。

 

そして、僕は「売れる見込みなし」と判断し、帰り支度を始めました。

 

すると、人事部長の態度が変わって、「ちょっと待て待て!」と話しかけてきました。

 

「それで、君のところの研修はどうなんだ?君からの提案はないのか?」

 

と聞いてきました。

 

「私からの提案は、人事部長のおっしゃるように、研修に限界を感じている方に向けた新しい研修サービスです。提案を希望いたしますか?」

 

お願いはしない。むしろ、高飛車な感じで人事部長に質問しました。

 

「ああ、ぜひ、お願いするよ」

 

さっきの態度とは打って変わって今度は、提案を心待ちにしている状況です。

 

結果として、この後、商談は成功し、研修サービスを買っていただくことができました。

 

その時はクールに振る舞ってその場を後にしましたが、心の中は驚きでいっぱいでした。

 

「えっ、営業ってこんなに簡単でいいの!?」

 

通常の営業アプローチでは、このような人事部長の反論に対して、営業マンである僕は、様々なトークを駆使します。Noと言うお客さんをYesと言うように説得するのです。

 

しかし、これはプロのための営業法であって、僕のような素人の営業法ではありません。

 

これを自分に置き換えて考えてみれば良くわかると思いますが、欲しくもない商品を強引に売り込まれるのは非常にストレスです。目の前の営業マンがうっとうしくなりますよね。

 

また、説得されればされるほど、「何か裏があるんじゃないか?」と疑い深くなります。当の営業マンからしても、商品に対して何の興味も示していないお客さんを一生懸命になって説得して、挙句の果てに断られると、大変なエネルギーを使います。そして、断られるたびに、商品だけでなく、自分自身も否定されたような気分になり、自己嫌悪に陥ってしまいます。

 

はっきりいって、あなたはこんなことする必要ありません。Noと言っているお客さんを説得するより、説得する必要のないお客さんを成約する方がよっぽど効率的です。だから、先の商談のポイントは、お客さんである人事部長を説得する必要があるか、ないかを判断するだけです。

 

それを判断するために、僕は「提案を希望いたしますか?」と質問したのです。その答えがYesだったら、無理して説得する必要がないので、商談を続けます。Noだったら時間も労力もかかるので、その場で商談を終わりにして帰る。極めてシンプルな営業法です。

 

これが「断る営業法」です。簡単でしょ?

 

この営業法を実践するようになってから僕は、営業に対する苦手意識が消え、むしろ営業することが楽しくなってきました。だって、がんばって説得しなくてよくて、相手を見極めるだけでいいんですから。

 

ぜひ、あなたも実践してみてください。

 

今まで、「お願い営業」ばかりしてきた人であれば、その効果に驚くことでしょう。

 

追伸

生きた営業の事例集はこちらからどうぞ!

↓↓↓

http://directlink.jp/tracking/af/891201/Bnx62sAf/

48c784de-rgd-hl1_0900cn08y0cl000000

button

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

前の記事売ることは素晴らしいことだ
次の記事完璧を目指さない
HIRO(ヒロ)
こんにちは。僕の名前はHIROと申します。 僕は今、東京のインターネットマーケティング専門の会社で、営業担当者として働くサラリーマンです。 日々、様々な会社の集客担当者に向けて、リスティング広告(クリック課金型広告)を中心に、マーケティングの支援を行っています。 一方で、個人的には、セールスライターとして中小企業、個人事業主のために集客ブログを作成し、その集客ブログを土台として、そこに価値あるコンテンツ記事を書いたり、セールスレターを書く仕事をしています。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)