商品は顧客獲得または維持のツールに過ぎない

ダン・ケネディ
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

こんにちは。コピーライターのHIROです。

今回は、

「マーケッターの本当の仕事」

についてお話します。

 

マーケッターの仕事とは何でしょうか?

 

「顧客を獲得して、リピートさせること」

 

です。

 

しかし、多くの人は商品を中心に考えてしまいます。

例えば、多くの自分は「〇〇屋さん」だと思っています。

 

車を売っている人は「車屋さん」

花を売っている人は「花屋さん」

家を売っている人は「不動産屋さん」

本を売っている人は「本屋さん」

お菓子を売っている人は「お菓子屋さん」

保険を売っている人は「保険屋さん」

 

というように、自分の売っている商品を中心に考えて
しまいますが、この思考に陥ってしまうと稼ぐことが
できなくなってしまいます。

 

ビジネスの中心になるのは商品ではありません。

商品は時代と共に、常々入れ替わっているのを見ても明らか
なように、ビジネスの中心になるのは顧客です。

 

例えば、社長がビジネスを商品中心で捉えていると、
どうしても限界が出てきてしまいます。

まず、売れない商品を切ることができません。

売れないということは、顧客から受け入れられていないという
ことですが、その事実を受け入れられてないために不毛な努力
を繰り返すことになってしまいます。

一方で、マーケッターは違います。

売れない商品はスグに捨て、売れないキャンペーンはスグ終わらせ、
売れない広告は即刻中止します。

なぜなら、マーケッターの中心は顧客だからです。

経営の目的は顧客を創造することです。

商品中心ではなく、顧客中心でビジネスを考え、実践していきましょう。

 

 

 

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】:マーケティング・セールスの言葉のシャワーを浴びよう!下の「いいね!」をクリックしてください。Facebook上で「海外最先端のマーケティング情報」をお届けします。 「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)