変態!?「こんまり」『片づけの魔法』の成功物語

【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

HIROです。

『人生がときめく片づけの魔法』の著者である「こんまり」こと近藤真理恵さんが、『TIME』誌による「世界で影響力のある100人」に選ばれましたね。

金スマで放送された内容によると「王様のブランチ」に紹介されたり、『ニューヨークタイムズ』に紹介されたりと、いろいろな奇跡なような出来事が重なり「超売れっ子」になったと紹介されていましたが、僕にとっては近藤真理恵さんのこんな言葉が心に残りました。

「私、昔から片づけの変態だったんですよ」

「こんまり」さんの成功は、運が良かったという見方もありますが、僕は「こんまり」さんの成功は必然だったと思います。

なぜなら、変態だったから!

僕にとっての「変態」という言葉は、もちろん最高の褒め言葉です。

変態という言葉には、ネガティブなイメージがありますが、そんなことはありません。

「誰かの役に立つ」、そして「何かに秀でる」ためには普通のことをしていたのでは、ダメです。

絶対にダメです。

変態と呼ばれるような「狂ったような情熱」、これが原動力になります。

もちろん、人に迷惑をかけるような変態はダメですよ(笑)

誰かに役に立つような分野で、変態的になることが重要です。

ところで、僕は何の変態かって?

僕はセールスライティングとマーケティング、つまり、集客方法に関する変態です(笑)

自分では普通だと思っているのですが、お客さんにも、一緒に働く仲間にも、

「HIROは変態的だな」

といつも言われています。

もちろん、僕は褒め言葉として受け取っていますよ。

あなたも誰かの役に立つ分野でもっと、もっと変態的になりましょう(笑)

追伸

あなたがもし、僕と同じように、多くの人が悩む売上と資金、人材不足を一気に解決することができる集客方法の変態になりたいなら、これがお勧めです。

↓↓↓

ダイレクトレスポンスマーケティングの世界的権威、ダン・ケネディが発行するニュースレター「NoB.S.マーケティングレター」のお試しはこちら

【無料レポート】サラリーマンの大逆襲(立志編)

2つのタイプのサラリーマン


サラリーマンには2種類あります。一つは「自由で稼げる」サラリーマン。もう一つは「不自由で稼げない」サラリーマンです。

上司の言うことを無批判に聞く。不得意でも頼まれた仕事は断らない。夜遅くまで働く。収入源は自分が務める会社だけなので逆らえない。これが「不自由で稼げない」サラリーマンです。

稼げるサラリーマンとは?


もうひとつのタイプが「自由で稼げる」サラリーマンです。こっちのタイプのサラリーマンは上司が言うことでも納得できなければ、自分の考えを述べて、最適な解決策を探ります。仕事は自分の得意分野に集中していて、効率的に働きます。自分の務める会社以外に複数の収入源を持っているから、会社に依存することはありません。

どうすれば「自由で稼げるサラリーマン」になれるのか?

その答えを手に入れるためには、今すぐに無料レポート「サラリーマンの大逆襲(立志編)」をチェックしてください。
【ちょっとだけ「お得」なお知らせ】「いいね!」をクリックすると「こんな感じ」で、日本の書店の本にはない「海外最先端のマーケティング情報」が定期的に届きます!
↓↓↓
「セールスライターの教科書」のFacebook情報はこちら

確認してもらえましたか?一つ一つの言葉は短いですが、その言葉のシャワーを浴びていると実践しきれないくらいの「今すぐに利益を上げるためのアイディア」が湧き上がってきますよ!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)